新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

【写真レポート】インタラクティブアートと和食のコラボレーション——「食神さまの不思議なレストラン展」(茅場町)

「食神(たべがみ)さまの不思議なレストラン展」が2017年1月28日から5月21日まで東京・茅場町の茅場町一丁目平和ビルで開催されている。日本人にとってなじみの深い「和食」をテーマに、世界有数のデジタルアート集団「モーメントファクトリー」が最先端の映像技術や特殊効果で、ミステリアスでファンタジックな世界を表現したエキシビションをレポートしたい。

デジタル技術を駆使した幻想的でミステリアスな世界へ

本展示の舞台は廃ビルの中、外観とは打って変わって展示空間に足を踏み入れると食神さまの世界が広がる。廃ビルを生かした奥行きのあるぜいたくな空間の中で、センサを駆使し観覧者の動きに合わせて映像や照明が変化する体験型の展示は子どもから大人まで楽しめるだろう。

作品名Valley:四季の文化と、育まれる食材を表現した作品。 作品名Valley:四季の文化と、育まれる食材を表現した作品。

映像の中にあるちょうちんに触れると暗かった映像がだんだんと明るくなる。映像の中に隠れているキツネの“ウカ”を探し出すと、春夏秋冬4つの世界へ連れて行ってくれる。

作品名4Ways:煮る、焼く、蒸す、揚げる、を表現した作品。 作品名4Ways:煮る、焼く、蒸す、揚げる、を表現した作品。
7層の特殊なスクリーンに映像を映し出すことで、奥行きのある立体的な映像を生み出している。 7層の特殊なスクリーンに映像を映し出すことで、奥行きのある立体的な映像を生み出している。
作品名Sanctuary:4つの社の部屋。発酵、道具、酒、出汁を表現した作品。スクリーンに触ることでさまざまなものが浮かび上がる。 作品名Sanctuary:4つの社の部屋。発酵、道具、酒、出汁を表現した作品。スクリーンに触ることでさまざまなものが浮かび上がる。
作品名 Dialogue:米が大地で育ち、ご飯として食べられるまでを表現した作品。 作品名 Dialogue:米が大地で育ち、ご飯として食べられるまでを表現した作品。
お米を大地に見立て、大地の起伏をセンサで認識し、映像表現に反映している。 お米を大地に見立て、大地の起伏をセンサで認識し、映像表現に反映している。

展示で注目してほしいポイント

最新のモーションコントロールセンサを使い、1台で多くの人間の動きを感知している。 最新のモーションコントロールセンサを使い、1台で多くの人間の動きを感知している。

筆者がfabcross読者に注目してほしいポイントは、モーションコントロールセンサや照明の使い方だ。今回の展示では多くの作品でセンサーを使っているが、数が少なく隠し方がうまい、また照明も放射状にレーザー光線のような光を放つユニークなライトなどを使用しており、テクノロジーと神秘的な表現を上手に調和させた展示となっているのでぜひ会場でチェックしてほしい。

放射状に光を放つライトで幻想的な空間を演出している。 放射状に光を放つライトで幻想的な空間を演出している。

食神さまの不思議なレストラン展
会期:2017年1月28日〜5月21日
   平日10:00~21:00
   金・土・祝前日10:00~23:00
   日・祝日10:00~19:00
※最終入場は終了の1時間前
会場:日本橋茅場町「特設会場」東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル
入場料:大人(高校生以上)2000円、子ども(3歳以上~中学生以下)1000円
オフィシャルサイト:https://tabegamisama.com/

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る