新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

機械たちの振る舞いに思わずドキッとさせられる、日仏メディア・アートの祭典 第6回「デジタル・ショック」

日本とフランスの文化交流と創造性の広がりを紹介するメディア・アートのフェスティバル「デジタル・ショック」—欲望する機械—が2017年3月20日まで開催しています。 今年で6回目を迎え、インスタレーション、ライブ・パフォーマンス、対談等さまざまなプログラムが都内各会場で企画されています。 今回は飯田橋駅付近にあるフランス政府公式の語学学校・文化センター「アンスティチュ・フランセ東京」に展示してあるインスタレーション作品を紹介します。生演奏をする「機械バンド」、似顔絵を描く「ロボットアーム」、デジタル上で取引される株価と共に「変動する写真」、アート好きだけでなくエンジニアにもオススメの計3作品が展示されています。

機械が人間の仕事をする不可思議な展示

「モーターファミリー・ジャム・バンド」レコード・プレーヤーの回転や家電製品の通電、エレキギターの電気信号などの技術を接合した、「機械バンド」がリズムを奏でるインスタレーション 「モーターファミリー・ジャム・バンド」レコード・プレーヤーの回転や家電製品の通電、エレキギターの電気信号などの技術を接合した、「機械バンド」がリズムを奏でるインスタレーション
レコード盤に埋め込まれた色鉛筆が独特のリズムを刻むプレイヤーと、ワイパーを腕のように動かすエレキギター レコード盤に埋め込まれた色鉛筆が独特のリズムを刻むプレイヤーと、ワイパーを腕のように動かすエレキギター

最初に建物1階、入り口付近で出迎えてくれるのが、「モーターファミリー・ジャム・バンド」。

機械達の「生演奏」は、会場にあるヘッドホンで聴くことができます。3/12、18を除く毎日13:00~13:20には、スピーカーを使ったパフォーマンスも行っています。コンピューター・ミュージックとはまた異色な、予測不可能なリズムに思わず聞き入ってしまう展示です。

「ポールという名のロボット(Etude Humaine #1, RNP-J.a)」絵を描くロボットと観客とのインタラクションを通して人間の行動を探究するインスタレーション 「ポールという名のロボット(Etude Humaine #1, RNP-J.a)」絵を描くロボットと観客とのインタラクションを通して人間の行動を探究するインスタレーション
学習机の上の棒に備え付けられたカメラがキョロキョロと首を振り、椅子に座るモデルの顔を捉える 学習机の上の棒に備え付けられたカメラがキョロキョロと首を振り、椅子に座るモデルの顔を捉える
デッサンの所要時間は30分。カメラでモデルを見ながら、ロボットアームがボールペンを握り描き上げていく デッサンの所要時間は30分。カメラでモデルを見ながら、ロボットアームがボールペンを握り描き上げていく

同じく1階にあるのがお絵描きロボットの作品。時折描く手を止め、モデルの顔をちらりと確認し、少し考える振りをし、また描くという動作が、武骨な機械が人間の絵描きを「演じている」ようでユーモアを感じました。

描き上げられた画は、記念碑インスタレーション作品「Collection」のひとつに加わるとのことです。ロボットに自画像を描いてもらいたい場合はウェブサイトからの予約をお忘れなく。

デジタル技術は時に私たちの常識にショックを与える

「All Over」世界の株価指数の変動に従って生成される数字や記号を、リアルタイムに写真画像に割り振り表現するインスタレーション 「All Over」世界の株価指数の変動に従って生成される数字や記号を、リアルタイムに写真画像に割り振り表現するインスタレーション
近寄ってみるとアスキーアートのようになっている事が確認できる 近寄ってみるとアスキーアートのようになっている事が確認できる

インターネット上の株価の動きに応じて変化する文字列が、本来なら静止したものであるはずの写真を「動的」なものになるトリッキーな作品です。デジタル技術によって金融情報の透明性が確保される一方で、写真がもつ情報が不確かなものに思えてきます。

サンソン・シルヴァンさん サンソン・シルヴァンさん

アンスティチュ・フランセ東京 文化部主任のサンソン・シルヴァンさんによると、デジタル・ショックは毎回テーマが異なり、今回は「欲望する機械」。

「ロボットと人工知能、そしてクリエーションとの関係に着目し、特に、今日機械に囲まれている中で私たちが機械に対して抱く感情などについて取り扱った作品を集めました」(サンソン・シルヴァンさん)

日仏のメディア・アートを通して、テクノロジーと人間との関係の行く末に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

第6回「デジタル・ショック」—欲望する機械—
会期:2017年2月10日(金)~3月20日(月・祝)※本記事の展示は19日(日)まで
会場:アンスティチュ・フランセ東京、東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)、渋谷WWW、gallery COEXIST-TOKYO、EARTH+GALLERY、座・高円寺、ほか
入場料:アンスティチュ・フランセ東京での展示は、無料
主催:アンスティチュ・フランセ東京
オフィシャルサイト:http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/digital-choc-2017/

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る