新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

世界中のデザイナーの作品が東京に集まる1週間——「DESIGNART」(表参道・外苑前ほか)

「Emotional Life ~感動のある暮らし~」をコンセプトに、世界屈指のミックスカルチャー都市・東京のさまざまなスポットを会場に世界中から70を超えるデザイナーや企業が東京に集結し10月22日まで各会場で展示が行われる。

機能と美しさを兼ね備えたデザイン達が街中を彩る

2017年4月にミラノサローネで発表されたルイ・ヴィトンのスツール、吉岡徳仁がデザインを手がけている。 2017年4月にミラノサローネで発表されたルイ・ヴィトンのスツール、吉岡徳仁がデザインを手がけている。

2017年、新たにデザインのイベントとして始まったDESIGNART。表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木・広尾の店舗や特設会場で最新のデザインや話題のデザインが発表されている。今回は読者にお薦めの展示を少し紹介したいと思う。

吉岡氏の他にも12組のデザイナーとルイ・ヴィトンの職人たちがその技術を使ってさまざまな椅子をデザインしている。 吉岡氏の他にも12組のデザイナーとルイ・ヴィトンの職人たちがその技術を使ってさまざまな椅子をデザインしている。
モーリッツ・ウォルドメイヤーが手がけたLEDライト。LED部分がランプやろうそくの炎のように揺らめく。シンプルな構造で美しい光を表現している。 モーリッツ・ウォルドメイヤーが手がけたLEDライト。LED部分がランプやろうそくの炎のように揺らめく。シンプルな構造で美しい光を表現している。
漆、曲げわっぱの技術を用い、フランス人デザイナーのフィリップ・ニグロが工芸の可能性をを示すインテリアピース。 漆、曲げわっぱの技術を用い、フランス人デザイナーのフィリップ・ニグロが工芸の可能性をを示すインテリアピース。
横関亮太による板金の特性を生かしたシステム家具「Fold Series」。単体でも組み合わせても使える。この家具を組み合わせて棚にもできる、シンプルなデザインだが汎用性の高い家具だ。 横関亮太による板金の特性を生かしたシステム家具「Fold Series」。単体でも組み合わせても使える。この家具を組み合わせて棚にもできる、シンプルなデザインだが汎用性の高い家具だ。
横関氏は大手家電メーカーから独立し、さまざまな技術や素材にフォーカスし独自のデザインを発表している。 横関氏は大手家電メーカーから独立し、さまざまな技術や素材にフォーカスし独自のデザインを発表している。
インテリアブランド・カルテルが発表した「カブキ」 インテリアブランド・カルテルが発表した「カブキ」
高度な技術で複雑な形をインジェクション成形している。どんな型で抜いているのか、とても興味深い形状だ。 高度な技術で複雑な形をインジェクション成形している。どんな型で抜いているのか、とても興味深い形状だ。

名だたる有名ブランドから個人まで、さまざまな考え方やテクノロジーから生まれるデザインを東京中で見ることのできる、年に一度の機会だ。ぜひ週末にたくさんの会場でたくさんのデザインに触れてみてほしい。

各会場入り口にはこちらが飾られている。小さい会場もあるので探す際の目印にしてほしい。 各会場入り口にはこちらが飾られている。小さい会場もあるので探す際の目印にしてほしい。

DESIGNART 2017
会期:2017年10月16日(月)~10月22日(日)(閉館時間は各会場で異なる)
会場:表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木・広尾
入場料:無料
オフィシャルサイト:http://designart.jp/designart2017/
主催:DESIGNART 実行委員

今人気の記事はこちら

  1. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  2. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  3. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  4. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊
  5. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  6. イグアス、XYZプリンティングジャパンのSLA方式3Dプリンター「PartPro150 xP」を発売
  7. スマートボールでピッチング練習——球速や回転数を計測する軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」
  8. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  9. どこでも仕事に集中できる個室空間を——持ち運び可能なパーティション「SEREN desk」
  10. リアルな人型ロボット「Android Robo-C」の大量生産を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る