新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

科学とデザイン——「アサ・アシュア+マルセル・ヘルマー展」(末広町)

KYOTO Design Labが国際的なデザイナーを招待し、さまざまなテーマから作品を制作するプログラムの成果を紹介した「アサ・アシュア+マルセル・ヘルマー」展が、2018年2月25日まで京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab東京ギャラリーで開催されている。

竹の内部構造パターンをデザインに

京都工芸繊維大学が設立したKYOTO Design Labは、毎年国内外のデザイナーを招待してさまざまなプロジェクトを行っている。本展では過去に招待したデザイナーによる2つのプロジェクトのプロセスとその成果を紹介した展示となっている。どちらのプロジェクトも科学的観点からアプローチしてデザインに落とし込む手法が、素材科学や繊維技術と応用科学の専門的研究に力を入れている京都工芸繊維大学ならではの内容となっている。

展示されている1つ目のプロジェクトは、付加構造やデジタル印刷の活用におけるパイオニアのアサ・アシュアが手がけたプロジェクト。成長が速く、成長途中に光を感知して自身を修正・補強できる「マダケ属」というグループの竹に着目し、竹内部における幾何学的な3D構造を研究し、椅子のデザインや建材に落とし込んだプロジェクトだ。

プロトタイプ:竹の内部構造を3000倍に拡大し、自然界における竹の成長パターンを解析。構造的成長アルゴリズムを製作し、3D構造に変化させた。 プロトタイプ:竹の内部構造を3000倍に拡大し、自然界における竹の成長パターンを解析。構造的成長アルゴリズムを製作し、3D構造に変化させた。
プロトタイプ:3Dプリンターで造形する際に造形物を支えるために生成されるサポートパーツ(画面下部の直線状のパーツ)。アシュア氏はサポートパーツ無しで造形できるよう、アルゴリズムを改良していった。 プロトタイプ:3Dプリンターで造形する際に造形物を支えるために生成されるサポートパーツ(画面下部の直線状のパーツ)。アシュア氏はサポートパーツ無しで造形できるよう、アルゴリズムを改良していった。
最終的な成果物として製作された椅子。サポートパーツを生成せず造形されており、材料は予想の3分の1で済んだ。 最終的な成果物として製作された椅子。サポートパーツを生成せず造形されており、材料は予想の3分の1で済んだ。

ハエと人間の共通点

2つ目は、技術の基本とした経験から生み出される科学研究、実験的作品、デザイナーとのコラボレーションを軸にして活動をするコミュニケーションデザイナーのマルセル・ヘルマーのプロジェクト。ショウジョウバエに関して日常的に描くネガティブな印象と科学的重要性のギャップに注目し、医学的研究および生物学における科学的ツールとしてショウジョウバエは、とても重要な性質と価値があることを伝えるための新しい表現方法を見つける内容となっている。

ハエ、ネズミ、人の遺伝子のメタファーとして、歯車を使って共通の遺伝子やそれぞれの複雑性を表現している。ショウジョウバエは人間とコア遺伝子が60%共通しており、赤い歯車は共通の遺伝子を表している。 ハエ、ネズミ、人の遺伝子のメタファーとして、歯車を使って共通の遺伝子やそれぞれの複雑性を表現している。ショウジョウバエは人間とコア遺伝子が60%共通しており、赤い歯車は共通の遺伝子を表している。
実験において、ハエはネズミと比較した場合素早く繁殖ができ、このことにより科学者は迅速に研究の基本原理や道筋を確立し、より詳しい探求が可能になる。 実験において、ハエはネズミと比較した場合素早く繁殖ができ、このことにより科学者は迅速に研究の基本原理や道筋を確立し、より詳しい探求が可能になる。
ハエは小さく短命だが繁殖にすぐれ、人間に比べて単純な遺伝子構造と60%人間と同じ遺伝子構造を持ってくれていることにより、科学の探求の入り口として、私達がかかる病気を治療する手がかりとしてとして大いに役立っている。 ハエは小さく短命だが繁殖にすぐれ、人間に比べて単純な遺伝子構造と60%人間と同じ遺伝子構造を持ってくれていることにより、科学の探求の入り口として、私達がかかる病気を治療する手がかりとしてとして大いに役立っている。

展示を通して、科学的アプローチからデザインに落とし込む様子が非常に分かりやすく展示されていて、少し違った角度からコミュニケーションデザインやプロダクトデザインの分野を見ることができる刺激的な展示となっている。

アサ・アシュア+マルセル・ヘルマー展
会期:2017年12月20日(水)~2018年2月25日(日)
休館日:月曜日、火曜日
開館時間:12:00~19:00
会場:京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab東京ギャラリー(東京都千代田区外神田6-11-14 3331アーツ千代田203号室)
入場料:無料
オフィシャルサイト:
http://www.d-lab.kit.ac.jp/events/2017/assa-marcel/
主催:京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る