新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

エンジョイ! オープンクリエーション!!——「JAID 1kg展」(丸の内)

国内の主要自動車メーカー8社のカーインテリアデザイナー、カラーデザイナーが集結した団体JAIDが1kgをテーマに作品を発表する「JAID 1kg展」が2019年1月25日までGOOD DESIGN Marunouchiで開催されている。

JAIDとはなにか?

デザインとテクノロジーで新しい価値を模索した作品が並ぶ。 デザインとテクノロジーで新しい価値を模索した作品が並ぶ。

ジャパンオートモーティブインテリアデザイナーズ(JAID:ジャイド)は、国内の主要自動車メーカー8社のカーインテリアデザイナー、カラーデザイナーが集結した団体。企業の枠を越え、ALL JAPANから生まれる新しい「自動車の内装」につながる活動を目指し、オープンクリエイションを行っている(本展参加メーカー:ダイハツ工業/本田技術研究所/三菱自動車工業/日産自動車/SUBARU/スズキ/トヨタ自動車)。本展示では「どんな1kgの価値を創造できるか?」をテーマに、最新の3Dプリンターを用いて作品を展示している。

CMFバーガー:自動車のカラーデザインをハンバーガーに見立て、バンズや各具材を組み合わせて好みの内装をコーディネートする。 CMFバーガー:自動車のカラーデザインをハンバーガーに見立て、バンズや各具材を組み合わせて好みの内装をコーディネートする。
Transform Steering:3Dプリンターの特性を生かした変形機構を持つステアリング。 Transform Steering:3Dプリンターの特性を生かした変形機構を持つステアリング。

なぜ1kg?

自動車業界では、素材の単価を伝えるとき「kg単価」で話をするそうだ。業界用語にも近いところから今回の展示のテーマが生まれている。1kgにどんな価値を見出すのか、デザインや3Dプリンターといったテクノロジーの力で、1kgの物をどこまで価値あるものに仕上げられるかの挑戦となっている。

バキュームエクスペリエンス:中空のパイプの集合体で作られた椅子形状は、パイプ内に水が流れるようになっており温度や色の変化を可能にする。 バキュームエクスペリエンス:中空のパイプの集合体で作られた椅子形状は、パイプ内に水が流れるようになっており温度や色の変化を可能にする。
風速1kg:デジタル上でオブジェクトに風速1kgをあて、風圧分布シミュレーションを行い、3つの瞬間を切り取って3Dカラープリントで出力した作品。 風速1kg:デジタル上でオブジェクトに風速1kgをあて、風圧分布シミュレーションを行い、3つの瞬間を切り取って3Dカラープリントで出力した作品。
∞Fluff:観覧者に「思わず触ってみたくなる」感覚を持ってもらうため、ふわりと風に舞う細さの綿毛を3Dプリントで作った作品。 ∞Fluff:観覧者に「思わず触ってみたくなる」感覚を持ってもらうため、ふわりと風に舞う細さの綿毛を3Dプリントで作った作品。
4D flower:4Dプリント技術(3Dプリント+形状変化)を用いて光の熱で形状が変わっていく花を制作。 4D flower:4Dプリント技術(3Dプリント+形状変化)を用いて光の熱で形状が変わっていく花を制作。

展示作品はどれも自由な発想で1kgなデザインに取り組んでいて、作品もさることながら、このように社外で自由に楽しくクリエイションを行う活動の魅力を感じることのできる展示となっている。「仕事とは関係ないものをデザインして、仕事場以外の人と話をして、仕事では触らない素材に触れてみる、さまざまなインプットが個人を成長させ、それが仕事に生きてくるのだろうな」なんて想像してしまう。

本展は第2会場として、「1kg展」製作の背景に迫る展示をDiGITAL ARTISANS GYMで行っている。スケッチや使用した3Dプリンター、製作過程の失敗作まで、クリエイションのプロセスを紹介しているのでこちらも合わせてぜひ足を運んでみてはどうだろう。

 

JAID 1kg展
会期:2019年1月12日(土)〜1月25日(金)11:00~20:00(最終日のみ17:00閉場)
会場:GOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F)
入場料:無料
休館日:会期中無休
オフィシャルサイト:
https://www.g-mark.org/gdm/exhibition.html
主催:ジャパンオートモーティブインテリアデザイナーズ

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売
  10. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る