新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今週行ってみたいイベント

寝台特急や新幹線、超電導リニアまで鉄道の歴史と、あなたの思い出をたどる——「特別展天空ノ鉄道物語」(六本木)

いつの時代も私たちの夢や思いを乗せて走る鉄道。さまざまな技術革新によって、より魅力的に安全に快適に私たちを運び、楽しませてくれます。各鉄道会社が協力し、全国の鉄道系博物館でも通常は見ることができない蔵出しの展示品を軸に、国鉄時代から現在までのさまざまな鉄道の歴史を振り返る「特別展 天空ノ鉄道物語」が、2020年3月22日まで六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリーで行われている。

挑戦は止まらない、人と共に進む鉄道の歴史

展示スペースに入ってすぐに国鉄時代の改札がお出迎えしてくれる。ここで一気に展示の世界へ引き込まれる。 展示スペースに入ってすぐに国鉄時代の改札がお出迎えしてくれる。ここで一気に展示の世界へ引き込まれる。

JR7社、東京メトロ、東京都交通局に加え、小田急電鉄、京王電鉄、京急電鉄、京成電鉄、相模鉄道、西武鉄道、東急電鉄、東武鉄道の協力で六本木ヒルズ森タワー52階の全フロアを舞台に、日本各地の鉄道会社が一堂に会す、かつてない規模で開催する大型鉄道イベントが始まった。実物大の模型や実際に車両に使われていた部品など、今ではめったに見ることのできない品々がたくさん展示されている。また乗り物だけにフォーカスするのではなく、改札や券売機、制服など鉄道に関わる事物も多数展示されている内容となっている。

0系新幹線の前頭部連結器カバー。初期はアクリルで作られ、その後FRP製に変更になった。 0系新幹線の前頭部連結器カバー。初期はアクリルで作られ、その後FRP製に変更になった。
青函トンネルの三線式スラブ軌道の模型。三線式スラブ軌道より在来線と新幹線が同じトンネルを通行できるようになっている。 青函トンネルの三線式スラブ軌道の模型。三線式スラブ軌道より在来線と新幹線が同じトンネルを通行できるようになっている。
左から、0系21型座席(初期仕様)、200系リニューアル車座席、W7系グランクラス座席 左から、0系21型座席(初期仕様)、200系リニューアル車座席、W7系グランクラス座席
サイドカバーを外してあるので、中の構造を見ることができる。 サイドカバーを外してあるので、中の構造を見ることができる。
筆者一押しポイントは、各座席の足部分をじっくり観察できることだ。普段新幹線の座席の足部分を見る機会はあまりないと思うので、この機会にぜひ! 特にグランクラスの中はすごそうだ。 筆者一押しポイントは、各座席の足部分をじっくり観察できることだ。普段新幹線の座席の足部分を見る機会はあまりないと思うので、この機会にぜひ! 特にグランクラスの中はすごそうだ。
超電導リニアL0系模型。やはりかっこいい、曲面をなでたくなる。現在のところ2027年にリニア中央新幹線が開業予定とのことだ。 超電導リニアL0系模型。やはりかっこいい、曲面をなでたくなる。現在のところ2027年にリニア中央新幹線が開業予定とのことだ。
150年ほど前、鉄道開業にあたって日本は英国から蒸気機関車10両を輸入しており、そのうちの1台バルカン・ファウンドリー社のB型タンク式機関車を、段ボールで実寸大に復元したもの。 150年ほど前、鉄道開業にあたって日本は英国から蒸気機関車10両を輸入しており、そのうちの1台バルカン・ファウンドリー社のB型タンク式機関車を、段ボールで実寸大に復元したもの。
私鉄各社の鉄道模型も展示されている。 私鉄各社の鉄道模型も展示されている。
夢のプラレールタワーが展示終盤に待ち受けている。たかがプラレール、されどプラレール。カッコ良すぎます。 夢のプラレールタワーが展示終盤に待ち受けている。たかがプラレール、されどプラレール。カッコ良すぎます。

fabcross読者向けに展示内容を抜粋して紹介したが、他にも全国から集めた貴重なヘッドマーク、制服コレクション、トワイライトエクスプレス原寸大再現ブースなどなど、まだまだ展示品も見所はたくさんある。真剣に見ると数時間はかかる内容になっているのではないだろうか。日本の鉄道の挑戦と進化の足跡が見られてとても素敵な展示だ、ぜひ時間を作ってゆっくり見てほしい。

「特別展 天空ノ鉄道物語」
会期:2019年12月3日(火)~2020年3月22日(日) 10:00~20:00(但し、火曜日は17時まで)
会場:森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52F)
入場料:一般 2500円、大学・高校生 1500円、4歳〜中学生 1000円
休館日:なし
オフィシャルサイト:https://www.tentetsuten.com/index.html
主催:日本テレビ放送網、森アーツセンター、日テレイベンツ

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る