新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

Maker Lab Nagoya(名古屋・新栄)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は愛知県名古屋市の新栄町にある「Maker Lab Nagoya」。名古屋にファブ施設を作りたいという目的で集まった有志が出資しあって立ち上げたファブ施設だ。(撮影:加藤甫)

今回お話を伺った朝尾太一さん(左)と松岡貴志さん(右)。 今回お話を伺った朝尾太一さん(左)と松岡貴志さん(右)。

「2011年頃にファブラボの事を知り、名古屋にもファブラボのようなスペースを作りたいと思っていたところ、同じような事を考えていた有志が集まったのがきっかけです。この場所も、とあるイベントで構想を話したのがきっかけで紹介してもらって見つけました」(朝尾さん)

多くのファブ施設が個人や企業の事業として運営している中、Maker Lab Nagoyaは個人のネットワークで運営している数少ない事例だ。工作機械の大半は有志の寄付や貸出で集められたもので、運用もコアメンバーが利用する日を中心にオープンするスタイル。決まった営業時間はなく、利用する際はメールでの問い合わせが必要になる。

「何かやりたいことがある人からメールで相談を受けて、イベント形式にしてオープンする形が多いです」(松岡さん)

現在はIoTコミュニティ「IoT ALGYAN」のイベントや勉強会、CNCや旋盤を使ったワークショップなどで利用されている。また、ワークショップの案内はメーリングリストに登録すれば受け取る事が可能だ。

Maker Lab Nagoyaはビルの奥まった場所にあり、NPO法人が入居しているテナントの奥に進むと入口がある。 Maker Lab Nagoyaはビルの奥まった場所にあり、NPO法人が入居しているテナントの奥に進むと入口がある。

Maker Lab Nagoyaに集まるのは、ある程度スキルを持った人が中心で、機材を全く触ったことがないような初心者向けの場所ではない。その分、技術を持った人が何かに行き詰った時に相談に来るケースも少なくない。まさに、Makerのためのコミュニティスペースといった印象がある。

「最近人気の機材は旋盤ですが、電子工作とプログラミングに強いコアメンバーがいるのが、ここの特徴です。Maker Faireやニコニコ技術部に近いメンバーからビジネス面に強いメンバーもいるので、幅広く相談を受ける事が出来ます」(松岡さん)

煙草の自動販売機を再利用して、基板や電子部品の販売もしている。これらの商品の仕入れ元は、コアメンバーの一人である坪井義浩さんが取締役を務めるスイッチサイエンス。 煙草の自動販売機を再利用して、基板や電子部品の販売もしている。これらの商品の仕入れ元は、コアメンバーの一人である坪井義浩さんが取締役を務めるスイッチサイエンス。

今後も草の根レベルで運営を続け、ものづくりが好きな人の拠り所になる場にしていきたいと朝尾さんは語る。

「コアメンバーの松岡さんが2016年1月に東海地区のファブ施設の運営者を集めたパネルトークイベントを開催しましたが、ファブスペース同士の繋がりもできつつあるので、将来的にはMakerの人たちが自分のニーズに合わせて、それぞれの場所に行き来できるような橋渡しができるといいかなと思います」(朝尾さん)

概要

所在地 愛知県名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ2F

営業時間・
定休日

不定期。スケジュールはWebサイトで公開
URL http://makerlab.jp/
料金

レーザーカッターは1時間につき1000円。その他の機器利用については要問合せ。

 

機材

3Dプリンタ:「3Drag」 3Dプリンタ:「3Drag」
レーザーカッター:「LASER VELOCITY AQLV-400s」 レーザーカッター:「LASER VELOCITY AQLV-400s」
CNCと旋盤 CNCと旋盤
ボール盤 ボール盤
オシロスコープやハンダごても用意されている。 オシロスコープやハンダごても用意されている。

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. トレーニング内容を自動的に記録——筋トレ用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」
  3. “落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO
  4. Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊
  5. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  6. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  7. ミニサイズのIoT実験ボードを含む「BLE静電容量式センサIoT開発キット」を販売開始
  8. 【カインズホーム presents】新社会人へのプレゼントに“お母さん等身大ハンガー”を作ろう!
  9. 9000ドルで買える産業グレードFFF方式3Dプリンタ「STACKER S2」
  10. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る