新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLEN THE DRIVER PROJECT

2カ月で実現! PLEN×FabCafeが目指すロボットの未来

縦割りの関係性を超えた自発的なチームへ

5チームで、連携してできたことは得意分野を生かし、従来の組織で起こりがちな縦割りの関係性を超えたつながりの中で「ものづくり」を行ったこと。それぞれの分野でプロフェッショナルだが、皆でアイデアを持ち寄ってプロジェクトを進めるのは、このチームでは初めてのこと。

アイデアが形となる過程で、文章だけではない視覚化ができていた。ラピッドプロトタイピングの典型的な例ではあるけれど、同プロジェクトにおいてもアップデートが自発的にあがってくる環境だった。そのことで意思統一も円滑にできたとFabCafeチームは振り返る。

伝達手段として、アイデアをスケッチで表現することも多く、状況に応じて映像や写真などを使い視覚化されていた。その上、データのやりとりも非常にスムーズだったという。

情報共有にFacebookグループを利用し、オンラインでのコミュニケーションが円滑であったことも、プロジェクト成功の秘訣かもしれない。オフラインミーティングとオンラインディスカッションを同時に進めていくこと。

ただ、クリティカルパスとして、車のデザインが決まらない とメカ設計が進まない、車のデザインとメカ設計が進まないとPLENのモーションが進まないというところがスケジュール上のネックになったようだ。

「PLEN THE DRIVER PROJECT」チームが開発にかけた思い

デザインチームによるデザイン画。 デザインチームによるデザイン画。

まずは、単独で作業を進められるセンサチームが先行し、PLENとKinectを接続した。既にモバイルとの接続はできているため、大きな問題なくクリアできたそうだ。インタラクションをデザインする上で、Kinectでどういう動作をPLENのどのモーションのトリガーとするかは、非常に大切なポイントになっている。

Engadget fesで多くの利用者に体験してもらうため、分かりやすいモーションが重要だった。そこで、基本的に手の動きによってPLENを動かすことに決めた。その中でも「立つ、座る」の動作を手の動きとシンクロさせると、PLENとの一体感がグッと高まることから連動させた。

デザインチームは、スケッチ段階で外観が決まっていたため作業はスムーズに進んでいた。ただ、実際に動かすということになると課題がどんどん出てきた。しかも、デザイン側だけでは解決ができないため、メカ担当と実際に検証しながら進める必要があった。

技術的に最も難しかったことが2つあったという。PLENが乗降する椅子の形状や車の高さ、それを実現するモーションと、PLENが車を操縦するインターフェース部分。車を駆動するモーター数と車輪数を決め、ある程度駆動部分のスペース予測ができた段階で一気にデザインからモデリングに進め、プロトタイプを3Dプリンタで出力した。それをベースにメカ設計、PLENのモーションデザインを同時に進め、終盤に全員そろった段階で一気に調整するというスケジュールで進めることに。

通常の開発であれば、何度もデザインと設計、メカ、モーションデザインなどを行ったり来たりするところだが、最後にプロジェクトメンバーがそろったタイミングで全てを同時に行う方法を選んだ。最終段階まで完成の確認ができないというリスクを抱える一方で、メンバーは 構造面やメカ部分の知識も豊富だった。そのため、通常の開発で重ねられている方法よりも早くモデリングからプロトタイプまでできている。これは、成功の原因の一つではないだろうか。 

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る