新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLEN THE DRIVER PROJECT

2カ月で実現! PLEN×FabCafeが目指すロボットの未来

世界初! プリンタブルオープンソース ロボットの誕生「PLEN2」

Engadget fesでは、初代PLENを元に「PLEN THE DRIVER PROJECT」を発表した。

しかし、プロジェクトは新しい形で進んでおり、その後の様子も伝えておきたい。

次世代PLENにあたる「PLEN2(プレン・ツー)」は、オープンソースでプリンタブル(全てのパーツを3Dプリントできる)なロボットを目指して開発が進んだ。「誰でも作れる小さなヒューマノイド」をコンセプトに、ロボットと暮らす未来を描き続けている。

PLEN2は、初代PLENから9年の月日を経て、「PLEN PLOJECT」チームにより世の中に送り出されることとなった。身長20cm、重さ約600gとPLENよりも小柄だ。クラウドファンディングサイトKickstarterと国内大手「きびだんご」を通じて製品の事前予約を開始し2015年3月7日に見事目標金額を達成した。  

小型軽量で、技術もオープンになっていてユーザー自らの手で組み立てられる。 こうしたロボットが、実際に多くのユーザーの手に渡り作られるのは世界初のことだと言う。誰もがヒューマノイドロボットを作れるようになった21世紀。ロボットが、人々のパートナーになる未来は、いよいよ身近なものとなるだろう。

今回紹介したPLEN THE DRIVER PROJECTのように、異分野のプロフェッショナルが出会い、活発なコミュニケーションをする、参加と共創から始まるプロジェクトに今後も期待したい。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る