新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLEN THE DRIVER PROJECT

2カ月で実現! PLEN×FabCafeが目指すロボットの未来

世界初! プリンタブルオープンソース ロボットの誕生「PLEN2」

Engadget fesでは、初代PLENを元に「PLEN THE DRIVER PROJECT」を発表した。

しかし、プロジェクトは新しい形で進んでおり、その後の様子も伝えておきたい。

次世代PLENにあたる「PLEN2(プレン・ツー)」は、オープンソースでプリンタブル(全てのパーツを3Dプリントできる)なロボットを目指して開発が進んだ。「誰でも作れる小さなヒューマノイド」をコンセプトに、ロボットと暮らす未来を描き続けている。

PLEN2は、初代PLENから9年の月日を経て、「PLEN PLOJECT」チームにより世の中に送り出されることとなった。身長20cm、重さ約600gとPLENよりも小柄だ。クラウドファンディングサイトKickstarterと国内大手「きびだんご」を通じて製品の事前予約を開始し2015年3月7日に見事目標金額を達成した。  

小型軽量で、技術もオープンになっていてユーザー自らの手で組み立てられる。 こうしたロボットが、実際に多くのユーザーの手に渡り作られるのは世界初のことだと言う。誰もがヒューマノイドロボットを作れるようになった21世紀。ロボットが、人々のパートナーになる未来は、いよいよ身近なものとなるだろう。

今回紹介したPLEN THE DRIVER PROJECTのように、異分野のプロフェッショナルが出会い、活発なコミュニケーションをする、参加と共創から始まるプロジェクトに今後も期待したい。 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る