新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLEN THE DRIVER PROJECT

2カ月で実現! PLEN×FabCafeが目指すロボットの未来

世界初! プリンタブルオープンソース ロボットの誕生「PLEN2」

Engadget fesでは、初代PLENを元に「PLEN THE DRIVER PROJECT」を発表した。

しかし、プロジェクトは新しい形で進んでおり、その後の様子も伝えておきたい。

次世代PLENにあたる「PLEN2(プレン・ツー)」は、オープンソースでプリンタブル(全てのパーツを3Dプリントできる)なロボットを目指して開発が進んだ。「誰でも作れる小さなヒューマノイド」をコンセプトに、ロボットと暮らす未来を描き続けている。

PLEN2は、初代PLENから9年の月日を経て、「PLEN PLOJECT」チームにより世の中に送り出されることとなった。身長20cm、重さ約600gとPLENよりも小柄だ。クラウドファンディングサイトKickstarterと国内大手「きびだんご」を通じて製品の事前予約を開始し2015年3月7日に見事目標金額を達成した。  

小型軽量で、技術もオープンになっていてユーザー自らの手で組み立てられる。 こうしたロボットが、実際に多くのユーザーの手に渡り作られるのは世界初のことだと言う。誰もがヒューマノイドロボットを作れるようになった21世紀。ロボットが、人々のパートナーになる未来は、いよいよ身近なものとなるだろう。

今回紹介したPLEN THE DRIVER PROJECTのように、異分野のプロフェッショナルが出会い、活発なコミュニケーションをする、参加と共創から始まるプロジェクトに今後も期待したい。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る