新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PLEN THE DRIVER PROJECT

2カ月で実現! PLEN×FabCafeが目指すロボットの未来

世界初! プリンタブルオープンソース ロボットの誕生「PLEN2」

Engadget fesでは、初代PLENを元に「PLEN THE DRIVER PROJECT」を発表した。

しかし、プロジェクトは新しい形で進んでおり、その後の様子も伝えておきたい。

次世代PLENにあたる「PLEN2(プレン・ツー)」は、オープンソースでプリンタブル(全てのパーツを3Dプリントできる)なロボットを目指して開発が進んだ。「誰でも作れる小さなヒューマノイド」をコンセプトに、ロボットと暮らす未来を描き続けている。

PLEN2は、初代PLENから9年の月日を経て、「PLEN PLOJECT」チームにより世の中に送り出されることとなった。身長20cm、重さ約600gとPLENよりも小柄だ。クラウドファンディングサイトKickstarterと国内大手「きびだんご」を通じて製品の事前予約を開始し2015年3月7日に見事目標金額を達成した。  

小型軽量で、技術もオープンになっていてユーザー自らの手で組み立てられる。 こうしたロボットが、実際に多くのユーザーの手に渡り作られるのは世界初のことだと言う。誰もがヒューマノイドロボットを作れるようになった21世紀。ロボットが、人々のパートナーになる未来は、いよいよ身近なものとなるだろう。

今回紹介したPLEN THE DRIVER PROJECTのように、異分野のプロフェッショナルが出会い、活発なコミュニケーションをする、参加と共創から始まるプロジェクトに今後も期待したい。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る