新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アジアのMakers by 高須正和

手を動かし、組み合わせながら考えることがクリエイター、メイカーへの入り口になるTinkering Studio

2016年1月、シンガポールサイエンスセンターに、Tinkering Studioという施設が新しくできた。Tinkとはカン!っていう擬音で、Tinkering(ティンカリング)とはカンカン音を立てて物理的な工作、図工っぽいことをやることを指す。Tinkering Studioは今、Makerになるための入り口としてとても注目されている。

Makerへの入り口としてさまざまな教育機関が注目するTinkering Studio。 Makerへの入り口としてさまざまな教育機関が注目するTinkering Studio。

世界の科学館の草分けがアジアに

世界中のいろんな国に科学館がある。近代の科学館の大本は、サンフランシスコにあるExploratoriumだ。それ以前にも科学の博物館はあったけど、Exploratoriumは訪れた人に「自分で科学を体験し、発見してもらう」ことを目指していることに特徴がある。Explorerというのは、探検しに行く、探しに行くという意味だ。

Exploratoriumは、原爆の開発計画を主導したアメリカの科学者ロバート・オッペンハイマーの弟で、自身も物理学者だったフランク・オッペンハイマーが、物理学が爆弾にしか使われないことを悲しみ、体験として科学を理解する人を増やすことを目指して設立された。

大人から子どもまで楽しめるサンフランシスコの著名スポットになっただけではなく、取り組みの様子を書籍にして公開し、やりかたを広めるようにした。お台場の日本科学未来館のような体験型の科学館は、どこもExploratoriumの影響を受けている。

そのExploratoriumに、2015年にTinkering Studioとして、木工や紙工作といった物理的な工作を楽しむ施設が作られた。2016年にそのTinkering Studioのアジア版として、シンガポールのサイエンスセンターにTinkering Studioがやってきた。 

Tinkeringってなんだろう?

Tinkとはカン!っていう擬音で、Tinkering(ティンカリング)とはカンカン音を立てて物理的な工作、図工っぽいことをやることを指す。おそらくブリキのTinからも来ているだろう、昔のオモチャはだいたいブリキでつくられていて、オズの魔法使いのブリキ男はTin manだ。Tinkeringという単語だけで英和辞書を引くと鋳掛け屋と出てくるけど、そちらではなくて、オモチャっぽい物理的な工作をする場所という意味だ。

なので、特に大げさな設備や秘密はない。図工に使える紙や木材、ハサミなどが置いてあるだけのスペースだ。日本のどの小中学校にも、設備の違いはあれど、図工室としてこういうスペースはあるだろう。設備と言うより考え方が違う。Tinkeringには「いじり回す」という意味合いもあり、目的に一直線に進むと言うよりは、なんとなく触ってみる、しっかり考えるより触りたいという感覚や手を優先させるニュアンスがある。「設計図をシェアしてものづくりを効率化する」的な考えとは、また別のスキルになる。いいTinkerがすぐれたエンジニアになるとは限らないが、優れたエンジニアの多くがTinkerとしての考え方を持っている。大人になってもおもちゃ箱のような部屋を作っている様子が思い浮かぶだろう。

とりあえず釘を打ってみる、のりで紙を貼り付けてみるといった初歩的な工作から、上に向かって風が吹き出して上昇気流を生む装置があって、どういう形を作ればより浮かぶかを、紙コップを切りながら試すなどの遊びをしていく。重たい素材でも形を工夫すれば浮かぶとか、薄い金属はバネにもなるとか、そういうことを体得していく。 

作品例として並んでいるものも、針金や使い捨てプラコップなどで作られたランプや人形など、素朴なものが多い。 作品例として並んでいるものも、針金や使い捨てプラコップなどで作られたランプや人形など、素朴なものが多い。
がらんとした全景。奥に見えるMarble Machineという壁は、穴に棒を差し込んで「ピタゴラ装置」のような、ボールが物理的に転がるドミノマシーンを作れる壁と、材料。別に特別なものがあるわけではない。(撮影:久我尚美) がらんとした全景。奥に見えるMarble Machineという壁は、穴に棒を差し込んで「ピタゴラ装置」のような、ボールが物理的に転がるドミノマシーンを作れる壁と、材料。別に特別なものがあるわけではない。(撮影:久我尚美)
自由にものを置いて、跳ね返り方や音などを試せるピンボールマシン。木や鉄といった素材の違い、素材が同じでも形状によって跳ね返り方が違うことなどを体感できる。(撮影:久我尚美) 自由にものを置いて、跳ね返り方や音などを試せるピンボールマシン。木や鉄といった素材の違い、素材が同じでも形状によって跳ね返り方が違うことなどを体感できる。(撮影:久我尚美)
左は木や釘などの素材の説明、右はドリルやレーザーカッターなどの加工方法の説明。 左は木や釘などの素材の説明、右はドリルやレーザーカッターなどの加工方法の説明。

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る