新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アジアのMakers by 高須正和

インド映画のように濃厚な喜びに満ちた、踊るMakerの祭——ムンバイMaker Mela 2017レポート

オープンソースハードウェアの出展

いかにもMakerイベントらしいオープンソースハードウェアや教育ツールも出展されている。

インドのスタートアップeviveの開発したマルチツール。 インドのスタートアップeviveの開発したマルチツール。

このeviveはソマイヤ工科大の卒業生が開発したツールで、Arduinoをコアにオシロスコープやテスター、外部へ3.3Vや5Vの電源供給も可能にしているマルチツールだ。まだ3Dプリンタで外装を作っているプロトタイピング段階だが、すでにクラウドファンディングを成功させ、アーリーアダプターから評価されている。
ムンバイの周辺だとアフマダーバードに製造業者がいくつもあり、そこでの量産を考えているそうだ。

子供向けロボット教育ツール。作例がかわいい。 子供向けロボット教育ツール。作例がかわいい。

こちらはインドのスタートアップ企業が開発した、子ども向けの電子回路/ロボット教育ツール。littleBitsやGroveのように、ハンダ付けをしなくても電子回路を作ることができる。拍手ロボや口をあけるロボなどの作成がユーモラスでかわいい。

絵画、服飾なども展示

絵画や服飾などのクラフト系の展示も多い。絵画はインド独特の、ヒンドゥーの神々がモチーフになっている。別の日にムンバイの街を歩いたのだが、美術館がいくつもあり、そこに多くの学生が訪れているなど、絵画への興味がうかがえた。

ヒンドゥーの神々を現代的なタッチで描いた絵画。 ヒンドゥーの神々を現代的なタッチで描いた絵画。
象の姿をした神様ガネーシャのほかに、こちらではサンタもモチーフになっている。 象の姿をした神様ガネーシャのほかに、こちらではサンタもモチーフになっている。
こちらは工夫を凝らしたノートブックを販売。デザインフェスタのような雰囲気。 こちらは工夫を凝らしたノートブックを販売。デザインフェスタのような雰囲気。
オーガニックな土壌を使った園芸。 オーガニックな土壌を使った園芸。
レコード盤を再加工してブックエンドやコースターなどをつくっている。こうしたUPCYCLE(資源再利用のリサイクルというより、廃物をつかってカッコイイモノを作る試み)のブースも多く出展されていた。 レコード盤を再加工してブックエンドやコースターなどをつくっている。こうしたUPCYCLE(資源再利用のリサイクルというより、廃物をつかってカッコイイモノを作る試み)のブースも多く出展されていた。
中庭のような屋外ブースではいくつも、木やボール紙での構造体が2日間にわたって作り続けられていた。 中庭のような屋外ブースではいくつも、木やボール紙での構造体が2日間にわたって作り続けられていた。

徹底的に楽しむマインド

個々のブースももちろん興味深いが、より強く印象を受けたのは徹底的に楽しむマインドだ。ずっとNecomimiをつけて歩いていたせいもあるだろうが、いろいろなブースで「どこから来たの?」「セルフィーを撮ろうよ」と呼び止められる。こっちから撮影する写真もどれもとびきりの笑顔。

俺の絵と写真を撮ってくれ。イケてるだろ? 俺の絵と写真を撮ってくれ。イケてるだろ?
UPCYCLEしてデザイン小物を作るワークショップを開いている彼も笑顔。 UPCYCLEしてデザイン小物を作るワークショップを開いている彼も笑顔。
ダンボール工作をしていた学生たちの集合写真。白い歯がはじけまくる。 ダンボール工作をしていた学生たちの集合写真。白い歯がはじけまくる。

2日間のイベント中、100枚以上はセルフィーを撮影された気がする。まるで観光地の物売りのように、「見ていけよ」「写真一緒に撮ろうよ」と出展者たちが寄ってくるのだ。そしてイベント終了後、冒頭で触れたダンスの部が始まる。その間も皆は笑い、踊りながらセルフィーを撮りまくる。

ダンス中の群衆の中でセルフィーを撮ろうとスマホを掲げたら何人も飛び込んでくる。最高のノリ! ダンス中の群衆の中でセルフィーを撮ろうとスマホを掲げたら何人も飛び込んでくる。最高のノリ!

僕のTAKASUという名前はおぼえやすいし、プレゼンを2回やったのでイベントのパンフレットには名前が書いてある。イベントが終わったら、数十人からFacebookのリクエストが届いていた。インド・ムンバイの人々を身体中で感じられて、Makerとしての喜びをシェアできる。Maker Melaは素晴らしいイベントだった。

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る