新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1カ月1000円工作

新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

何か作ってみたい。けれど、それってお金がかかるんでしょう? そんなふうに思っている人は多いのではないでしょうか。特殊な材料に特殊な機器を使いこなせる、ごく一部の人だけの楽しみ。しょせん庶民にはできない遊び……。

いえいえ、そんなことはありません。やる気とアイデアさえあれば、誰だってものづくりは楽しめます。お金なんてかけなくても大丈夫なのです!

1000円以内でものづくりにチャレンジ!

fabcrossでは、それを証明するためにプロジェクトを開始しました。その名も「1カ月1000円工作」。その名の通り、1000円でものづくりをしようというものです。

ルールは簡単。材料費1000円以内でテーマに沿ったものづくりをするだけ。加工にかかる費用は含みません。

材料は、一般的に手に入れられるものに限定。業者しか買えないような、特殊な材料はNGです。

「1カ月1000円工作」は3チームに参加していただき、一斉に作ってもらいます。2月下旬、プロジェクトがスタートしました。

メンバーは以下の通り。

●サラリーマン工作員
ムカイさん(写真左)、サワイさん(写真中央)。某メーカーのエンジニア二人組。週末はクリエイティブ筋を鍛えるために、Makers' Baseに通いモノづくりをしている。

●町田美菜穂さん
某芸術系大学大学院を3月に卒業。建築科を卒業後、大学院でデザインを専攻。現在絶賛就職活動中。

●やまざきはるきさん(欠席)
デジタル広告会社「スパイスボックス」に所属するテクノロジスト。ちょっと先の未来のコミュニケーションについて日々プロトタイピングしている。

ということで、かなり方向性の違うメンバーが集まりました。いきなり呼び出されて何が何やらわからないといったメンバーに、とりあえず趣旨を説明。

「1000円でものづくりをしてもらいたい」

そう告げたところ、「まあできるんじゃないすかね」みたいな、割と軽い感じで承諾いただきました。ありがとうございます。

テーマは「新生活に役立つもの」。春は新生活が始まる季節。新入社員や新大学生など、環境が変わる人が増えます。ということで、さっそく製作にとりかかっていただきました。製作期間は1カ月。4月中旬のお披露目会を目指して、スタートです!!

サラリーマン工作員はアイデア作りから

さて、ここからは各チームのものづくり過程を簡単にご紹介しましょう。まず、サラリーマン工作員です。

まずはアイデア作りからスタート。吉野家の「吉呑み」でミーティングしているようです。

できたアイデアスケッチがこちら。

そして、採用されたアイデアは、

  • ヤルキの見える化
  • ヒラメキとイキヌキのデアイ
  • チテキな色づけ

の3つ。どうやら、1000円のものを3種類作るようです。

ムカイさんは、MDFをレーザーカッターで切り出しています。

そして100円ショップの超強力マグネット。これを使って何が出来上がるのでしょうか。

ムカイさんはもう一つ作るようです。100円ショップで購入したiPhoneケースとクリアのブックカバー。そして家にあった文庫本です。

こちらはサワイさん。フリスクのケースですかね。いったいどんなものになるのでしょう?

町田さんは模型作り

町田さんは、ホームセンターへ買い出しに行っている模様。木材を購入し、カットサービスで切り出していますね。

家にあった端材で、模型を作ってテストしています。これ、なんなのでしょう?

折りたためるようになっているようです。これが完成形なんですかね?この写真に「イケるなと確信」と本人からコメントが付いていたのですが、何が出来上がるのかわからないこちらとしては、「?」です。

100円ショップ番長やまざきさん

やまざきさんがメインの材料として選んだのが、100円ショップの目覚まし時計。「ウザい目覚まし」を作るということですが、なんだそれ。

こちらも100円ショップのミルクフォーマー2個。

目覚まし時計にミルクフォーマーでウザい……。やっぱり意味がわかりません……。

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る