新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1カ月1000円工作

ほんとうにできるのか? 1000円で楽器を作っちゃおう!

1000円でお題に沿ったものを作るこの企画。早くも4回目を迎えました。毎回読んでくださっている方、まことにありがとうございます。そして、参加してくれている工作員の方々も、おつかれさまでございます。

さて、今回のテーマは「楽器」。しかも音階が奏でられるものというレギュレーションを設けました。これには、工作員のみんなも少々戸惑い気味のよう。どんな楽器ができあがるんでしょうね。

ということで、いつものように準備の様子を見てみましょう。

●サラリーマン工作員(サワイさん、ムカイさん)
某メーカーのエンジニア2人組。週末はクリエイティブ筋を鍛えるために、
Makers' Baseに通いものづくりをしている。

●町田美菜穂さん
某芸術系大学大学院を3月に卒業。建築科を卒業後、大学院でデザインを専攻。

●やまざきはるきさん
デジタル広告会社「スパイスボックス」に所属するテクノロジスト。ちょっと先の未来のコミュニケーションについて、日々プロトタイピングしている。



サラリーマン工作員はミーティングを開催

まずはサラリーマン工作員の二人から。どうやら一人ではアイデアに行き詰ったようで、二人でミーティングを行ったようです。「楽しい器」というキーワードが見えます。

ムカイさんは、いつものようにMDFをメインの材料にするようです。それと、100円ショップで買ったクリップ類があります。

MDFで部品を切り出したようです。相変わらず精密な感じがしますね。いったいどんな楽器になるんでしょうか。

こちらはサワイさん。スプーンとお皿……。メインの材料はやはりMDFとのこと。

イラストレーターで作図をしているようです。「結構頭痛がします」というコメントが付いておりました。なかなかたいへんな作業のよう。

組み立て途中の様子です。組み立て始めると顔が自然にニヤけるとのこと。サワイさんらしいですな。

町田さんは塩ビパイプ尽くしで

さて、町田さんはホームセンターに行ったようです。今回は塩ビパイプを使うようですね。呼び径13mmを2m、20mmを1m購入とのこと。

パイプを切って専用接着剤でつなげています。継ぎ手も使っていますね。

径のサイズが違うパイプをつなぐために、発泡スチロールで調整しています。うーむ、何ができるんでしょう?

やまざきさんは虫かごを用意……、虫かご?

最後はやまざきさんです。100円ショップで虫かごを購入。この時点では何に使うか考えていなかったということです。

「これまでの空気(?)を読んで、電子工作したほうがいいかなーと思い」、100円のArduino互換ボードを使用。音響ライブラリには「MOZZI」というものを使用するとのこと。うーん、虫かごにArduino……。どういう組み合わせだ?

これが中身の完成形のよう。これを虫かごにインすれば完成のようですが……。さてどんなものができるのかな?

ということで、発表の日となりました。ワクワクドキドキですね!

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る