新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1カ月1000円工作

梅雨を楽しく快適にするものを1000円で作っちゃおう!

さあ、5月に始まりました「1カ月1000円工作」。思った以上の反響をいただきまして、編集部および工作員一同びっくりしております。ありがとうございます。

この「1カ月1000円工作」は、材料費1000円以内でテーマに沿ったものづくりをするという企画。加工にかかる費用は含みません。材料は一般的に手に入れられるもの限定。特殊な材料はNGです。

参加メンバーは、トップ画像左から町田美菜穂さん、サラリーマン工作員(ムカイさん、サワイさん)、やまざきはるきさん。前回と同じレギュラーメンバー。さて、今回はどんなものを作ってくれるのでしょうか。

●サラリーマン工作員
某メーカーのエンジニア二人組。週末はクリエイティブ筋を鍛えるために、
Makers' Baseに通いモノづくりをしている。

●町田美菜穂さん
某芸術系大学大学院を3月に卒業。建築科を卒業後、大学院でデザインを専攻。現在絶賛就職活動中。

●やまざきはるきさん
デジタル広告会社「スパイスボックス」に所属するテクノロジスト。ちょっと先の未来のコミュニケーションについて日々プロトタイピングしている。


サラリーマン工作員はレーザー加工機で作業

まずはサラリーマン工作員の工程をちょっと見てみましょう。

これはムカイさん。材料の買い出しをしてきたようです。メインはMDF。そして書道で使う半紙や竹串、針金、スポンジが見えます。これで何ができるんでしょうか。

根城にしているMakers' Baseで、レーザーカッターを使いMDFを加工しています。展開図みたいでなんかかっこいいですね。

サワイさんは、京都の雪舟寺(芬陀院:ふんだいん)にヒントを得て何か作るようです。

設計図を作っています。本格的だ!

サワイさんもレーザーカッターを使い、木材を切り出しました。

A4サイズの突板も購入した模様。これで500円。予算の半分……。何ができるんでしょう?

なんかこまごました作業も行っている様子。「なにげに楽しい」というコメントが付いておりました。

町田さんは100円ショップにGO!

お次は町田さんを見てみましょう。100円ショップで材料を購入してきたようです。

そして、前回も使ったホームセンターで購入した木材。予算的に使いやすいんだそう。これに穴を開けてひもを通し、テーブルクロスを付けています。

木材は蝶番のような仕組みになっていて、開くよう。うーん、これは何だ?

やまざきさんは小さな部品が登場

最後はやまざきさん。前回「100円ショップ番長」というキャッチフレーズを付けたため、今回も100円ショップに行ってくれたようです(笑)。すいません。

100円ショップ以外で購入した材料は、マイコン制御できるLEDライト。1個40円也。

そして、Arduino Nanoの互換機。こちらは100円とのこと(送料が500円)。

3組とも作業のほうは順調そう。そして、発表の日を迎えました。どんなものができあがっているのでしょうか!?

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る