新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino悪用術入門

麦茶をこっそり麺つゆに入れ替える装置を作る

いざ製作

さて前置きが長くなりましたが、ここからいよいよ製作に入っていきます。

「本体こんな感じかな?」作業の雑さにも定評があり、いつも設計図は書かずに行き当たりばったりで作っています。

全体の構造のイメージ。手で持っている黒いのが水槽の水換え用のポンプで、ここからチューブを伸ばして麦茶を吸い取ります。その右にあるのがしょうゆ差し。麺つゆはここから重力で注ぎます。

なんとなく全体像が見えたので、ポンプの改造に入ります。もともと電池式ですが、ほかの部品と電源を共通化、かつリレーでON/OFFさせるために、不要な電池ボックス部分を切断しています。

あっ。切断の過程でモーターの金具がもげました。

~THE END~

 

実は時間がないんです

いきなり出鼻をくじかれた格好です。ポンプの予備はないので、作業を中断して買出しに。実は今回の作業時間は半日しかありません。夕方5時には実験台の森さんがやってきます。買出しから戻るとすでに2時。雲行きが怪しくなってきました……

余談ですが、今回の作業場所にはお台場のファブスペース「MONO」を使わせていただいています。広大な作業台(重要!)に加え3Dプリンタやレーザーカッターなどの機材も完備。お台場というと資材を手に入れにくそうなイメージですが、実はゆりかもめに10分ほど乗れば豊洲に大きなホームセンターがあります。便利!

今日中に終わるのか?

完全に表情から余裕が消えていますが作業再開。同じ失敗が怖いので、ポンプは電池駆動のまま使うことに。スイッチ部分だけリレーで制御できるように改造します。

塩ビ板の加工中に穴あけ用の工具を忘れたことに気づき、スタッフの方に「ありますか?」と聞いたところ、レーザーカッターで一瞬で切り出してくれました。レーザーカッター、極めればこんなに気軽に使えるのか……

ポンプにリレーをつないで、Arduinoからスイッチングできるようになりました。この時点で3時すぎ。終わるのかこれ……

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る