新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Julie Wataiと電子工作チャレンジ!

至高のウェアラブルデバイス「あのスカウター」をLEDとArduinoで作ってみた

デジタルフォトグラファーとして活躍するJulie Wataiさんと、いろいろな電子工作に楽しくチャレンジしてみよう!企画第2弾。今回は漫画「ドラゴンボール」のスカウター風のアクセサリー。
無骨・むき出し=おしゃれじゃないというイメージを逆手にとって、むき出しだからこそかっこいいガジェットを作ってみました。(撮影:加藤甫)

「日本人がとりあえずつけてみたい想像上のウェラブルデバイス」で全国アンケートを取ったら、間違いなく1位になるであろう、漫画「ドラゴンボール」のスカウター。

さすがに相手の戦闘力を調べる技術は実装できないが、Julieさんに似合うスカウター風のアクセサリーなら作れるんじゃないだろうか。よし、作ってみよう! というふんわりした流れから今回もスタート。 

まずはスカウターのゴーグル部分の制作から開始。まずはアクリル板をレーザーカッターで加工するところから。fabcrossでも何度か取材でお邪魔している渋谷のFabcafeCafe Tokyoでレーザーカッターを予約して、データとアクリル板を持ち込んだ。

スタッフの方に手伝ってもらいながらカット開始。FabCafeは無線LANが使えて、初心者にもていねいに機械の使い方を教えてくれるので、Julieさんも普段からよく利用しているらしい。この日もスタッフにサポートしてもらいながら、ものの数分でデータ通りにカットが完了。

おこづかいで作れるスカウター

こちらが部品一式と工具。

前回も使用したArduinoに加え、AdafruitのI2C通信対応の8×8 1.2インチ2色LEDマトリックスが今回の主役だ。どれも秋葉原のパーツショップやスイッチサイエンスのようなECサイトで購入可能なものばかりだ。

ちなみに左奥のアイスコーヒーは「FabCafeのコーヒーってとてもおいしいんですよ」とJulieさんがレーザーカット中に言っていたのを聞いて買っただけなので、特に工作には関係ない。 

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る