新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりラボ短期集中連載

3Dプリンタを改造しよう!——液晶ディスプレイでスタンドアローン化しよう!

それではファームウェアの中身を書き換えます。Arduino IDEのタブの中から、Configuration.hを選択し、いくつかの項目を書き換えていきます。書き換える部分が見つからない場合、Windowsであれば「control + F」、Macであれば「command + F」で検索できます。

まず、書き換える必要がある項目のうち、共通のものを示します。

#define STRING_CONFIG_H_AUTHOR "(bonsai lab.,BS01_D_1.0_PLA_Z102)" 

となっている"Author名"部分を

#define STRING_CONFIG_H_AUTHOR "(none,BS01_S_1.0_PLA_Z100_LCD)" 

と書き換えておくと、ファームウェアが改造されたものだと分かりやすくなります。もともと改造したファームウェアを使っていた場合は、改造を判別しやすいような名前にすると良いです。

さらに、

#define REPRAP_DISCOUNT_SMART_CONTROLLER

の前に「//」を追加して

// #define REPRAP_DISCOUNT_SMART_CONTROLLER

とし、

// #define REPRAP_DISCOUNT_FULL_GRAPHIC_SMART_CONTROLLER

の「//」を削除して

#define REPRAP_DISCOUNT_FULL_GRAPHIC_SMART_CONTROLLER

に変更します。

変更できたらArduino IDEの[↓]ボタン、保存ボタンを押して保存します。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る