新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりラボ短期集中連載

3Dプリンタを改造しよう!——液晶ディスプレイでスタンドアローン化しよう!

全て書き換え終わったら、Arduino IDEのメニューで、「ツール」→「マイコンボード」から「Arduino MEGA2560 or MEGA ADK」を選択し、 「ツール」→「シリアルポート」から、BS01+が接続されているシリアルポートを選択してください。

Arduino IDEの「→」ボタンでコンパイルし、制御ボードに書き込みます。書き込む際に、スライサーソフトなど、3Dプリンタと接続されているソフトウェアは全て閉じます。開いたままの場合は接続エラーになってしまいます。

書き込みが完了したら、PCとプリンタとの接続ケーブルを外して、プリンタ本体の電源をいったん切ってからまた入れて、再起動させます。

「Repetier-Host」で3Dプリンタに接続し、接続ログの画面に変更したAuthor名が表示されていて、エラーが表示されていなければ、ファームウェアの書き込みは成功しています。  

ではいよいよ液晶ディスプレイを3Dプリンタに取り付けます。3Dプリンタの電源は全て切り、手は身の回りの金属に触れるなどして、体の静電気を除去してから作業します。

まず、購入した液晶ディスプレイと、3Dプリントしたパーツの確認です。ケース、ケースの裏ぶた、セレクトボタン、リセットボタン、固定するケーススタンドの5パーツ、そしてディスプレイ本体とケーブル、制御ボードと液晶ディスプレイのケーブルをつなぐアダプターがそろっていることを確認します。  

液晶ディスプレイを接続するためのケーブルやアダプターは、「RepRap RAMPS 1.4 LCDコントロールパネル12864」に同梱されている。 液晶ディスプレイを接続するためのケーブルやアダプターは、「RepRap RAMPS 1.4 LCDコントロールパネル12864」に同梱されている。

そろっていることを確認したら、BS01+の中にあるふたを外します。

ふたを外すとそこは配線地獄です。こういうのを見るとワクワクしますね。

下の写真の青枠で囲まれた部分にディスプレイと制御ボードのアダプターを挿します。

斜めにならないよう水平を保ちながら、全部のピンが刺さるように注意しながら挿し込みます。

きれいに刺さりました。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る