新しいものづくりがわかるメディア

RSS


誰でも使えるプロ仕様の3Dプリンターを——Formlabs躍進の原点

国内企業にも製品試作に活用する動き

——日本でもさらにビジネスを拡大するとのことですが、これまではどのような事例がありますか?

新井原:まずは、箱型サービスロボット「PLEN CUBE」の事例があります。Plen Roboticsは、PLEN CUBEの試作段階で、外装と内部メカニズムをForm 2で制作し、各部のクリアランスや表面の手触りを確認しました。従来の金型作成による試作と比較し、コストは20分の1、制作期間は7分の1ほどになりました。

Formlabs Japan マーケティング部 部長 新井原慶一郎氏 Formlabs Japan マーケティング部 部長 新井原慶一郎氏

新井原:また、釣り具の製造販売を手掛ける企業が、Form 2を使ってルアーを試作し、水の中でイメージ通りに動くのか、釣果につながるのかという検証目的に使用しています。他には、ビデオ会議システム用マイクをForm 2で試作し、大声でない普通の会話でもきちんと集音できるマイクの形状や配置を検証するために使われている例などがあります。

Lakatos:これからのものづくりでは、実際に手で触れるようになるまでの期間が短いこと、仕上げや精度が良いこと、失敗が少ないことなどの点で3Dプリンターが選択されていくと思います。試作から製造へと移るところで、データに忠実にスムーズに量産移行できることが3Dプリンターへ求められていると考えています。

ポストプロダクションを自動化するソリューションを提供

——SLA方式の精度は、FFF(熱溶融積層)方式と比較して優れています。ただ、造形後にレジンのべたつきを抑え硬化させるポストプロダクションが必要で、特に個人やMakerスペースでの使用はハードルが高いという声もあります。

Lakatos:SLAのポストプロダクションの課題は、これから出荷を予定している「Form Wash」「Form Cure」という、洗浄と硬化を自動化するソリューションで解決できます。

ドアを上に開いた「Form Cure」。ドアを閉じてタイマーをセットするだけで、造形物を硬化するプロセスが実行できる ドアを上に開いた「Form Cure」。ドアを閉じてタイマーをセットするだけで、造形物を硬化するプロセスが実行できる

Lakatos:これはForm Cureですが、パーツの強度を高め、べたつきをなくすことができます。Form 2で造形した部品を加熱しながらUVライトを照射し、光重合プロセスを完了させます。これを使うことで、個人ユースでも常に造形のプロセスを一貫したものにすることができます。私たちはFabLabやメイカースペースのような、いわゆるMakerムーブメントの中から生まれた会社です。実際の使用例を見て、製品を作り、改良しています。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る