新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dmet Productsインタビュー

世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」

2017年7月の発売開始から半年足らずで、17カ国で40万台を出荷したIoTプロダクトのスタートアップが日本にいることをご存知だろうか。

そのスタートアップはDmet Products、手掛けたIoTプロダクトは「SoundMoovz」だ。手首や足に付けて振ることでスマートフォンから音が鳴るモーションセンシングデバイスである。ダンスの動きに合わせた音楽の演奏や動きに効果音を付けて遊ぶことができる。海外では子どもから大人のダンサーにまで人気のある商品だ。

50年以上の歴史がある鉄鋼商社をルーツに持つ企業のIoTスタートアップ部門から始まり、その後2016年6月に分社化。
どのように国内から海外市場を開拓し、大手玩具メーカーに引けを取らない実績を残すことができたのか。代表取締役社長の楠太吾氏と取締役の佐合氏にお話を伺った。(撮影:荻原楽太郎)

——開発を始めたきっかけを教えていただけますか?

楠:大手メーカーを退職し、IoTプロダクトを作りたいと思い転職しました。入社当初からハードウェアスタートアップをやることだけは決まっていましたが、開発の知識もなく、何を作るかも決まっていない状態で焦りだけがありました。

このままではダメだと思い、2015年10月に拠点をDMM.make AKIBAに移しました。入居しているまわりの人から情報を集め、プロダクトのコンセプトアイデアをいくつか考えた中の1つが、ダンスで音を出す楽器SoundMoovzでした。 

着想からプロトタイプまでの苦労を語る佐合氏(左)と楠氏(右)。 着想からプロトタイプまでの苦労を語る佐合氏(左)と楠氏(右)。

楠:着想から3カ月後にプロトタイプを完成させました。 経験がない中で、自分で基板を起こし、プログラミングにも挑戦して大変でした。
プロトタイプができてからは、とにかく知ってもらいたくて、自分でプロトタイプを装着してダンスをしながらデモンストレーションしました。DMM.make AKIBAのつながる交流会やイベントによく参加させてもらって宣伝していました。

左端が最初に開発したプロトタイプ。作った順番に左から右に、少しずつ商品のサイズに近づいているのが分かる。 左端が最初に開発したプロトタイプ。作った順番に左から右に、少しずつ商品のサイズに近づいているのが分かる。

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る