新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トピックスの記事一覧

【PR】豊田市 オープンイノベーション推進事業

【PR】日本最大の工業都市「豊田市」がスタートアップを支援する理由

【PR】日本最大の工業都市「豊田市」がスタートアップを支援する理由

自動車産業の一大集積地にして、製造品出荷額13兆円と名実ともに日本一の工業都市、愛知県豊田市。その豊田市が地元企業と連携し、スタートアップの製品化を支援するアクセラレータープログラム「豊田市 オープンイノベーション推進事業」を10月に開始する。

自治体によるスタートアップ支援といえば補助金や税制優遇がイメージされがちだが、地元企業とのマッチングや試作フェーズでのメンタリング、…

トピックス | 2017/07/24 08:00

今週行ってみたいイベント

戦後復興期から日本が目指したデザインの歩み——モダンリビングへの夢—産業工芸試験所の活動から(小平市)

戦後復興期から日本が目指したデザインの歩み——モダンリビングへの夢—産業工芸試験所の活動から(小平市)

1950年代、国内生業と輸出産業の振興を、工芸および今日的な意味でのデザインから産業工芸試験所が行った取り組みを紹介する「モダンリビングへの夢—産業工芸試験所の活動から」展が2017年8月13日まで武蔵野美術大学 美術館・図書館で開催されている。1950年代から60年代に収集された参考品や試作品など約150点を展示している。

トピックス | 2017/07/21 11:30

ワークショップにいってみよう

DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた

DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた

コンビニに行けば必ず置いてある爽やかなロゴのペパーミントのお菓子、FRISK。
しかしふたを開ければみれば、中にはなんと、超小型のヘッドホンアンプが詰まっています! 工作好きも、音楽好きも、お菓子好きも必見、「FRISK風ヘッドホン・アンプ」を作るワークショップに参加しました。

開催地はMakerの聖地、秋葉原駅近くにあるDMM.make AKIBA Studio、…

トピックス | 2017/07/13 08:00

ものづくりベンチャー輩出を担うのは地方都市——政府によるベンチャー支援の課題とは

ものづくりベンチャー輩出を担うのは地方都市——政府によるベンチャー支援の課題とは

経済産業省は7月7日に「日本における『ものづくりベンチャー』発展の可能性と政策的課題」と題した調査報告書を公開した。

これは、経産省が委託した平成28年度製造基盤技術実態等調査の報告書で、ものづくりベンチャーと、彼らを支援するベンチャーキャピタル(VC)やアクセラレーターへの取材を基に、日本でものづくりベンチャーが発展していくための政策面の課題について33ページにわたってまと…

トピックス | 2017/07/07 12:00

クラウドファンディング成功の秘訣! イベントレポート

世界中で数々の大成功を生み出すKickstarter——日本から目標出資額を集める秘訣はファンとのコミュニティ作り

世界中で数々の大成功を生み出すKickstarter——日本から目標出資額を集める秘訣はファンとのコミュニティ作り

2017年5月29日、東京都港区赤坂にあるTechShop Tokyoで、Kickstarterを利用して資金集めに成功したプロジェクトの先駆者たちを分析し、議論するトークイベント「クラウドファンディング成功の秘訣!」が開催された。日本の新しいアイデアを形にする起業家やクリエイター達が、世界全体に向けて資金を募集し、成功する秘訣(ひけつ)についてゲストスピーカーが語ったトークイベントの様子をレポー…

トピックス | 2017/07/04 08:00

アジアのMakers by 高須正和

日本から出展しやすい海外のMaker Faire ——国ごとに違うMaker Faireのキャラクター

日本から出展しやすい海外のMaker Faire ——国ごとに違うMaker Faireのキャラクター

8月にはMaker Faire Tokyoが開催されるが、この夏はアジア各国でもMaker Faireが行われている。アジアにはまだ「はじめてのMaker Faire」や、小さいイベントを盛り上げていこうとする途中の荒削りなMaker Faireがあり、東京とは違った魅力がある。Makeの世界は広い。今回は日本から出展しやすいアジアのMaker Faireを紹介する。

トピックス | 2017/07/03 08:00

2020年プログラミング必修化!「作る」ことで分かるSTEM教育

第5回 子どもに合ったSTEM教育に役立つ教材とは? ポイントは母親へのアピールと小学生でも使える開発環境

第5回 子どもに合ったSTEM教育に役立つ教材とは? ポイントは母親へのアピールと小学生でも使える開発環境

現状、STEM教育の普及には3つの課題があるといわれています。メンター、教材、カリキュラムです。連載の第5回は、STEM教育に役立つ教材作りに関してスイッチエデュケーションとレゴの関係者に話を聞きました。そこではどんな取り組みがなされているのでしょうか?

トピックス | 2017/06/26 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  3. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  6. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  7. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る