新しいものづくりがわかるメディア

RSS


トピックスの記事一覧

今週行ってみたいイベント

テクノロジーがつなぐ生き物と生き物——「AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」(青森県十和田市)

テクノロジーがつなぐ生き物と生き物——「AKI INOMATA:Significant Otherness  生きものと私が出会うとき」(青森県十和田市)

やどかりに「やど」を渡してみるなどの作品で、デジタファブリケーションを駆使し、自然と人間の関係をアートのフィールドで表現し注目を集めるAKI INOMATAの展示会「AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」が、2020年1月13日まで青森県の十和田市現代美術館で開催されている。

トピックス | 2019/09/20 17:00

ウィークリーレコメンド

連休前にチェック!今週のアクセスが多かった記事まとめ(9月6日〜9月12日)

連休前にチェック!今週のアクセスが多かった記事まとめ(9月6日〜9月12日)

こんにちは、編集・ライターの桜庭です。

三連休のご予定はお決まりでしょうか? 筆者は、12日に俳優のブラッド・ピット氏が訪問した日本科学未来館の「マンモス展」や六本木ヒルズで16日まで開催中の「PIXERのひみつ展」に子供を連れて観に行きたいと思います。

13日の記事で紹介した名古屋市の国際デザインセンターデザインギャラリーで開催中の「Electric …

トピックス | 2019/09/13 18:15

今週行ってみたいイベント

アール・デコとラジオの歴史をひもとく——「Electric Media ラジオの時代」(名古屋)

アール・デコとラジオの歴史をひもとく——「Electric Media ラジオの時代」(名古屋)

国際デザインセンターが所蔵しているコレクションの中から、1930年代アール・デコ期に製作されたラジオを中心に当時のプロダクトデザイナーや社会背景を紹介した「Electric Media ラジオの時代」が、2019年9月22日まで名古屋の国際デザインセンターデザインギャラリーで開催されている。

トピックス | 2019/09/13 09:00

アジアのMakers by 高須正和

「量産準備完了」とはどういうことか

「量産準備完了」とはどういうことか

『ハードウェアハッカー』(技術評論社刊)の著者、アンドリュー“バニー”ファンが主導するMIT/東大のプロジェクト「Research at Scale」は、研究者を深セン/東莞の工場地帯で活動させることで、研究室のプロジェクトを大規模化する狙いがある。工学部の学生に向けてバニーが話した、「量産準備完了」とは。

トピックス | 2019/09/11 07:30

ウィークリーレコメンド

今週のアクセス数が多かった記事と編集部のオススメ記事まとめ(8月30日~9月5日)

今週のアクセス数が多かった記事と編集部のオススメ記事まとめ(8月30日~9月5日)

こんにちは、編集・ライターの越智です。

4日にサムスン出身のスタートアップWELTの記事を掲載しました。
政治・外交面では韓国との関係についてシビアなニュースが流れることが多い状況ですが、実際に韓国に訪れるとスタートアップやmakerという文脈では互いに学んだり協力しあえることが多々あると感じます。

先日とある海外のベンチャーキャピタルを取材し…

トピックス | 2019/09/06 16:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

いつでも、どこでもカラオケを楽しめた無線付きポータブルカラオケマシン 「SANYO PORTABLE CASSETTE PLAYER PAT-8100 Karaoke Mate」

いつでも、どこでもカラオケを楽しめた無線付きポータブルカラオケマシン 「SANYO PORTABLE CASSETTE PLAYER PAT-8100 Karaoke Mate」

夏本番の猛暑の中、家電の蒐集作業が一番辛い季節でもある。特に品物が屋外に積んである蒐集場所は体にこたえる。そして何よりも品物が高温になっていて、素手で触るのは危険な場合がある。そんな蒐集活動も、良いものが発掘できれば疲れも飛んでいく気持ちになれるのである。また、近年はリサイクルショップにもジャンクコーナーができ、地域によってはユニークなものが見つかる場合もあり侮れない。

トピックス | 2019/09/05 07:30

アジアのMakers by 高須正和

研究者と製造現場の間を埋める MITメディアラボのResearch at Scale

研究者と製造現場の間を埋める MITメディアラボのResearch at Scale

この連載でも何度か取りあげた「ハードウェアハッカー」(技術評論社刊)の著者、アンドリュー“バニー”ファンは、MITメディアラボの研究者でもある。彼は、MITの研究者を製造現場と連携させて研究の社会実装を後押しするプロジェクト、「Research at Scale」としての深セン/東莞合宿を2013年から主導している。スタートアップに向けたアドバイス、工場と研究者がコラボすることの可能性など、さまざ…

トピックス | 2019/09/02 07:30

松崎純一が語るウォークマン40周年展

あの頃の自分に戻れるウォークマン40周年記念展示はとても熱かった

あの頃の自分に戻れるウォークマン40周年記念展示はとても熱かった

オーディオの歴史を常に革新してきた「ウォークマン」の展示イベント「#009 WALKMAN IN THE PARK」が、9月1日まで銀座ソニーパークで開催中だ。今週行ってみたいイベントとして紹介したイベントだが、ラジカセをはじめとしたカジュアルオーディオに造詣の深いfabcross連載「Dig…

トピックス | 2019/08/29 13:00

アジアのMakers by 高須正和

目指すはオープンなAIプラットフォームの構築 深センSiPEEDの挑戦

目指すはオープンなAIプラットフォームの構築 深センSiPEEDの挑戦

特定の企業が開発しているのではない、オープンなCPU命令セットであるRISC-Vが、新しいIoTの開発が多く、貿易紛争の影響で他国の企業が独占的に提供する命令セットを使うことに懸念が生じてきた中国で盛り上がっている。アリババやXiaomi傘下の企業がそれぞれRISC-Vベースのチップ開発を発表する中、昨年2018年末に起業したばかりの新しいスタートアップから、RISC-Vを採用したAI開発ボードが…

トピックス | 2019/08/27 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る