新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:コンテストの記事一覧

イベントレポート

「ファブ3Dコンテスト2017」エッグドロップ実践大会&授賞式レポート

「ファブ3Dコンテスト2017」エッグドロップ実践大会&授賞式レポート

3Dプリンターと3Dデータを利用した作品の、日本全国規模のコンテスト「ファブ3Dコンテスト」。2016年に続き2回目の開催となる今回は、合計で81作品の応募があった。参加人数も増え盛り上がりを見せたイベントから、プロ/セミプロを対象とした「3Dプリントエッグドロップパッケージ」の実践大会と、授賞式の様子をお伝えする。

トピックス | 2017/12/15 09:00

ICT技術を使ったアイデア大募集——「金沢ものづくりアイデアコンテスト」開催

ICT技術を使ったアイデア大募集——「金沢ものづくりアイデアコンテスト」開催

金沢市は、ICT関連技術を利用した、優れたサービスや製品のアイデアを表彰する「金沢ものづくりアイデアコンテスト」を初めて開催する。テーマは、「次代を担う産業人材の発掘・育成につながるアイデア」で、最優秀賞30万円、優秀賞5万円の賞金を授与する。

ニュース | 2017/12/05 16:30

日本のハードウェアを世界に——「Monozukuri Hardware CUP 2018」参加受付開始

日本のハードウェアを世界に——「Monozukuri Hardware CUP 2018」参加受付開始

ものづくりによる起業の推進と普及啓発を活動とする「モノづくり起業 推進協議会」は、ハードウェアスタートアップによるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2018」の参加受付を開始した。優勝者は、2018年4月に米ピッツバーグで開催される「Hardware Cup 2018 Finals」の出場権を得る。

ニュース | 2017/11/21 14:00

ジェームズ ダイソン アワード 2017、国内審査通過5作品を発表——国内最優秀賞は障害者のモビリティを高めるロボット義足「SuKnee」

ジェームズ ダイソン アワード 2017、国内審査通過5作品を発表——国内最優秀賞は障害者のモビリティを高めるロボット義足「SuKnee」

ジェームズダイソン財団は、国際エンジニアリングアワードである「ジェームズ ダイソン アワード 2017」において、国内審査を通過した5作品を発表した。国内最優秀賞は、生体メカニズムに基づくロボット技術によってモビリティを高める義足「SuKnee」が受賞した。

ニュース | 2017/09/07 13:00

北九州でIoT——「チャレンジ九州・ビジネスアイデアコンテスト」応募受付開始

北九州でIoT——「チャレンジ九州・ビジネスアイデアコンテスト」応募受付開始

北九州イノベーションギャラリーは、IoTをテーマにビジネスプランや事業家を募集する「チャレンジ九州・ビジネスアイデアコンテスト」の応募受付を開始した。公募は2部門で、交通費・材料費は最大100万円/件の支援がある。申し込みは9月30日まで。

ニュース | 2017/08/22 10:45

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る