新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで作るオブジェのような木製スピーカー

深海のイカからインスパイアされてスピーカー「Spirula4.0」をデザインしたのはAkemakeという3Dプリントを念頭に置いたプロダクトを開発するチームで、現在eコマースでSpirula4.0のモデルデータを無料で提供している。

Spirula4.0はFillamentum製の100%生物由来のフィラメント(リサイクルした木質40%を含んでいる)、「Timberfill」によって造形される。スピーカーコンポーネントなしでの重量は約650g。また、Spirula4.0は3DデータがAkemakeのサイトから現在0ドルで購入できるため、フィラメントとスピーカーユニットを合わせた総費用は概算で約120ドル程度だという。

Akemakeは3Dプリントオブジェクトに焦点を当てたeコマースのプロジェクトで、インテリアや日用品など、商品のどれもが優れたデザイン性を備えている。Akemakeでは、Web上で気に入ったオブジェクトがあれば、3Dプリント可能なモデルファイルとしてオブジェクトを買うことができるという仕組みになっている。ユーザーはそれを自分の3Dプリンタで出力するだけでいい。

このSpirula4.0は7月以降、ブタペストで開催されるデザインターミナル、ロンドンで開催される3Dプリントショー、バーミンガムで開催されるTCTショーで展示される予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る