新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイがタブレットに変身——10.1インチタッチスクリーン搭載「RasPad」

Raspberry Piをタブレット型デバイスに変える「RasPad」がKickstarterに登場し、わずか1時間で目標額の3倍を集めるほど大人気となっている。

RasPad

RasPadは、大きさ259.6×169.98×48.68mmのボディに10.1インチ高解像度タッチスクリーン(1280×800ピクセル)、電源回路、内蔵バッテリー、ステレオスピーカーを搭載。HDMIポート×1、オーディオ端子×1、USB2.0ポート×4、USBタッチポート×1、イーサネットポート×1を備え、GPIOやCSIなどRaspberry Piの全てのポートが使えるように作られている。

RasPad

RasPadを使えばあれこれ部品を集めて組み立てる手間を省くことができ、ゲームやロボットコントローラーなどRaspberry Piを使った電子工作やプログラミングをすぐに始められる。

RasPad

RasPadの早期割引価格は、本体に電源アダプターとハンドブックが付属して129ドル(約1万4000円)。ただし、Raspberry Piは付属しない。RasPadにRaspberry Pi 3、microSDカード、Bluetoothキーボード(タッチパッド付き)、ミニUSBマイクを加えた「RasPad Kit」は189ドル(約2万円)、RasPad Kitにセンサー類を加えた「RasPad Beginner Kit」は249ドル(約2万7000円)だ。出荷は2018年5月の予定で、日本への送料は無料だ。

RasPad

RasPadは2018年4月4日までクラウドファンディングを実施するが、2018年3月2日時点で目標額1万ドル(約100万円)の12倍を上回る約12万5000ドル(約1300万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る