新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイがタブレットに変身——10.1インチタッチスクリーン搭載「RasPad」

Raspberry Piをタブレット型デバイスに変える「RasPad」がKickstarterに登場し、わずか1時間で目標額の3倍を集めるほど大人気となっている。

RasPad

RasPadは、大きさ259.6×169.98×48.68mmのボディに10.1インチ高解像度タッチスクリーン(1280×800ピクセル)、電源回路、内蔵バッテリー、ステレオスピーカーを搭載。HDMIポート×1、オーディオ端子×1、USB2.0ポート×4、USBタッチポート×1、イーサネットポート×1を備え、GPIOやCSIなどRaspberry Piの全てのポートが使えるように作られている。

RasPad

RasPadを使えばあれこれ部品を集めて組み立てる手間を省くことができ、ゲームやロボットコントローラーなどRaspberry Piを使った電子工作やプログラミングをすぐに始められる。

RasPad

RasPadの早期割引価格は、本体に電源アダプターとハンドブックが付属して129ドル(約1万4000円)。ただし、Raspberry Piは付属しない。RasPadにRaspberry Pi 3、microSDカード、Bluetoothキーボード(タッチパッド付き)、ミニUSBマイクを加えた「RasPad Kit」は189ドル(約2万円)、RasPad Kitにセンサー類を加えた「RasPad Beginner Kit」は249ドル(約2万7000円)だ。出荷は2018年5月の予定で、日本への送料は無料だ。

RasPad

RasPadは2018年4月4日までクラウドファンディングを実施するが、2018年3月2日時点で目標額1万ドル(約100万円)の12倍を上回る約12万5000ドル(約1300万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る