新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Raspberry Pi 3 Model B+」発表——処理能力やネットワーク機能を強化

Raspberry Pi財団は2018年3月14日、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」を発表した。価格は、3Bと同額の35ドル(約3700円)だ。

photo

3.14から始まる円周率π(パイ)にちなんで3月14日にリリースされた3B+は、64bit4コアCPU「ARM Cortex-A53」を搭載するBroadcomのSoC「BCM2837B0」を採用した。CPUクロックは、3Bよりも200MHz高い1.4GHzだ。

その他3Bからの主な変更点は以下の通り:
  • デュアルバンド802.11ac 無線LANおよびBluetooth 4.2をサポート
  • ギガビットEthernet対応(LAN7515:USB2.0上で約3倍のスループット)
  • PoE(Power over Ethernet)用ピンヘッダを搭載。48V給電に対応予定
  • PXE Ethernet bootのサポート
  • 熱対策の強化(温度70℃以上で1.2GHzへクロックダウン制御)

なお、従来モデル(Raspberry Pi 1B+Raspberry Pi 2BRaspberry Pi 3B)については、ユーザーが多いこともあり、今後も継続して販売するとのこと。組込み型(CM1、CM3、CM3L)も同様に継続販売するが、CM3/CM3LについてはBCM2837B0を採用したバージョンを出す可能性もあるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る