新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Raspberry Pi 3 Model B+」発表——処理能力やネットワーク機能を強化

Raspberry Pi財団は2018年3月14日、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」を発表した。価格は、3Bと同額の35ドル(約3700円)だ。

photo

3.14から始まる円周率π(パイ)にちなんで3月14日にリリースされた3B+は、64bit4コアCPU「ARM Cortex-A53」を搭載するBroadcomのSoC「BCM2837B0」を採用した。CPUクロックは、3Bよりも200MHz高い1.4GHzだ。

その他3Bからの主な変更点は以下の通り:
  • デュアルバンド802.11ac 無線LANおよびBluetooth 4.2をサポート
  • ギガビットEthernet対応(LAN7515:USB2.0上で約3倍のスループット)
  • PoE(Power over Ethernet)用ピンヘッダを搭載。48V給電に対応予定
  • PXE Ethernet bootのサポート
  • 熱対策の強化(温度70℃以上で1.2GHzへクロックダウン制御)

なお、従来モデル(Raspberry Pi 1B+Raspberry Pi 2BRaspberry Pi 3B)については、ユーザーが多いこともあり、今後も継続して販売するとのこと。組込み型(CM1、CM3、CM3L)も同様に継続販売するが、CM3/CM3LについてはBCM2837B0を採用したバージョンを出す可能性もあるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る