新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Raspberry Pi 3 Model B+」発表——処理能力やネットワーク機能を強化

Raspberry Pi財団は2018年3月14日、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」を発表した。価格は、3Bと同額の35ドル(約3700円)だ。

photo

3.14から始まる円周率π(パイ)にちなんで3月14日にリリースされた3B+は、64bit4コアCPU「ARM Cortex-A53」を搭載するBroadcomのSoC「BCM2837B0」を採用した。CPUクロックは、3Bよりも200MHz高い1.4GHzだ。

その他3Bからの主な変更点は以下の通り:
  • デュアルバンド802.11ac 無線LANおよびBluetooth 4.2をサポート
  • ギガビットEthernet対応(LAN7515:USB2.0上で約3倍のスループット)
  • PoE(Power over Ethernet)用ピンヘッダを搭載。48V給電に対応予定
  • PXE Ethernet bootのサポート
  • 熱対策の強化(温度70℃以上で1.2GHzへクロックダウン制御)

なお、従来モデル(Raspberry Pi 1B+Raspberry Pi 2BRaspberry Pi 3B)については、ユーザーが多いこともあり、今後も継続して販売するとのこと。組込み型(CM1、CM3、CM3L)も同様に継続販売するが、CM3/CM3LについてはBCM2837B0を採用したバージョンを出す可能性もあるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る