新しいものづくりがわかるメディア

RSS


20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン

横浜中央郵便局別館をリノベーションしたエンターテインメント施設「アソビル(ASOBUILD)」の3Fに、20ジャンル以上のワークショップが毎日開催されるアトリエやイベントスペース、セレクトショップが集結する「MONOTORY(モノトリー)」が2019年3月15日にオープンする。 2019年3月1日~14日の間はプレオープン期間とし、3月13日にプレス向けの内覧会が開催された。

photo

MONOTORYでは、アトリエと呼ばれる区画を使ってアーティストやショップがワークショップを開催。ろう付けによるオリジナルリングやレザークラフト、陶芸、フラワーアレンジメントなど、20ジャンル200種類を超えるものづくりが手軽に体験できる。

photo 真鍮をつかった手作りリングのワークショップ。
photo レザークラフトのワークショップ。打刻印やポンチも豊富に用意されている。
photo 陶芸ワークショップ向けのアトリエには複数台の電動ろくろがある。
photo フラワーアレンジメントのワークショップエリア。
photo レザークラフト用素材、アクセサリーパーツからハンドツールまで、様々な用品が購入できる。

アトリエで開催されるワークショップに加え、横浜ディスプレイミュージアム、DIY TOOL SHOPなど、ハンドメイドやDIYに関わる資材や工具などが購入できるセレクトショップも併設している。

photo レーザー箔転写機「LD-80」
photo UV-LEDプリンター「LEF-200」

今回はイベントとして、Roland D.G.のUV-LEDプリンター「LEF-200」レーザー箔転写機「LD-80」を使ったアクセサリー制作を実演していた。

photo

関係者によれば、UVプリンター、レーザー刻印器、レーザーカッターなどのデジタルファブリケーション機材については、ワークショップとは別の有料会員サービスとして、クリエイターへの貸し出しや、スペシャルイベント向けの運用などを計画中だ。また、デジファブ機器の活用状況を見ながら、3Dプリンターなどの追加導入も検討したいとのことだ。

MONOTORYの住所は、神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル 3F。営業時間は10時~22時(一部店舗により異なる)。横浜駅直通とあるが、駅周辺が一部工事中のため、現時点では横浜駅みなみ東口とみなみ西口を結ぶ暫定通路の途中(横浜中央郵便局裏手)から入場する形になっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る