新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2019」が募集開始

ジェームズダイソン財団は、同財団主催の国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2019」の募集を開始した。

同アワードの課題は「問題を解決するアイデア」。エンジニアリングやデザインを学ぶ学生や卒業生にとって、世界を舞台に自らのアイデアを発表できる機会との位置づけだ。

国際最優秀作品には賞金3万ポンド(約450万円)、準優秀賞2作品には賞金5000ポンド(約75万円)、国内最優秀賞の1作品には賞金2000ポンド(約30万円)が贈られる。 応募締め切りは2019年7月11日だ。2018年に引き続き、27の国と地域から応募を受け付ける。

O-wind Turbine

2018年の国際最優秀作品は、英ランカスター大学のニコラス・オレリャーナ氏とヤシーン・ヌーラニ氏による、都市部で発生する強い風を有効活用する風力タービン「O-wind Turbine」が受賞した。

また、国内最優秀賞には赤ちゃんの脱水状態を検知し、水分補給と保護者の取るべき行動をサポートするデバイスYourPacifierが選ばれている。

YourPacifier

過去の受賞作品も、ジェームズ ダイソン アワードの受賞をきっかけとして投資などの機会を得て、製品化に向けて加速している。

過去のジェームズ ダイソン アワード受賞者では、伸縮自在な子供服「Petit Pli」や、生体反応性の食品ラベルMimicaがすでに起業を果たしている。

国内では、ジェームズ ダイソン アワード 2015で国際TOP20を受賞した学習機能搭載/排泄検知シートが「Helppad」の製品名で発売を予定している。

OTON GLASS

また、ジェームズ ダイソン アワード 2016で国内3位を受賞した、文字を読み上げてくれる眼鏡OTON GLASSは、2018年2月にクラウドファンディングを実施し、2019年3月にはJINSとの事業協力と、第三者割当増資による資金調達を発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る