新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2019」が募集開始

ジェームズダイソン財団は、同財団主催の国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2019」の募集を開始した。

同アワードの課題は「問題を解決するアイデア」。エンジニアリングやデザインを学ぶ学生や卒業生にとって、世界を舞台に自らのアイデアを発表できる機会との位置づけだ。

国際最優秀作品には賞金3万ポンド(約450万円)、準優秀賞2作品には賞金5000ポンド(約75万円)、国内最優秀賞の1作品には賞金2000ポンド(約30万円)が贈られる。 応募締め切りは2019年7月11日だ。2018年に引き続き、27の国と地域から応募を受け付ける。

O-wind Turbine

2018年の国際最優秀作品は、英ランカスター大学のニコラス・オレリャーナ氏とヤシーン・ヌーラニ氏による、都市部で発生する強い風を有効活用する風力タービン「O-wind Turbine」が受賞した。

また、国内最優秀賞には赤ちゃんの脱水状態を検知し、水分補給と保護者の取るべき行動をサポートするデバイスYourPacifierが選ばれている。

YourPacifier

過去の受賞作品も、ジェームズ ダイソン アワードの受賞をきっかけとして投資などの機会を得て、製品化に向けて加速している。

過去のジェームズ ダイソン アワード受賞者では、伸縮自在な子供服「Petit Pli」や、生体反応性の食品ラベルMimicaがすでに起業を果たしている。

国内では、ジェームズ ダイソン アワード 2015で国際TOP20を受賞した学習機能搭載/排泄検知シートが「Helppad」の製品名で発売を予定している。

OTON GLASS

また、ジェームズ ダイソン アワード 2016で国内3位を受賞した、文字を読み上げてくれる眼鏡OTON GLASSは、2018年2月にクラウドファンディングを実施し、2019年3月にはJINSとの事業協力と、第三者割当増資による資金調達を発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る