新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お酒との付き合い方をアドバイス——学習型アルコール濃度測定器「TISPY2」

学習型アルコール濃度測定器「TISPY2」が、Makuakeでプロジェクトを開始した。

photo

TISPY2は、センサー部に息を吹きかけるとアルコール濃度を測定し、記録された自分の測定情報などから判断して、「まだ飲めそうですね」や「そろそろ水を飲んだ方がよいでしょう」などのアドバイスをしてくれる。

photo

過去のデータは、無線LAN機能搭載メモリーカード「FlashAir」に蓄積して参照。FlashAirによってスマートフォンと通信し、Webアプリによって取得したデータをもとにアルコールのセルフケア、翌日に向けた体調管理や許容度の把握などに活用できる。

photo

ゲストモードではデータの記録はされず、呼気中のアルコール濃度に応じたアドバイスを表示する。また、日本語に加え英語や中国語、韓国語の4か国語に対応しており、スマートフォンから言語の切り替えできる。

photo

本体寸法は70×70×18mm(キャップ部分を除く)で質量が約100g。本体の他にFlashAirメモリーカード、単4アルカリ電池2本、取扱説明書が付属する。シルバーとピンクゴールドの2色が用意されている。

本プロジェクトは、IoT製品開発、製造のスタッフ、FlashAirを開発、販売する東芝メモリ、そしてMakuake Incubation Studioの3者によるオープンイノベーションから生まれた。

photo

支援およびリターンは、【限定150名】TISPY2×1個(10%オフ)1万3500円、【限定50名】TISPY2×2個(20%オフ)2万4000円(いずれも税込)などが用意されている。

プロジェクト目標額150万円のところ、2019年5月30日現在、約393万円の支援が集まっており、すでにプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る