新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」 by 松崎順一

誤差±30秒程度のおおらかな時代のオーディオタイマー「AKAI AUDIO TIMER RT-100」

3月は急に暖かくなったり寒くなったりと日々気温が変わる月。正直言って蒐集家にとって野外での蒐集は朝から晩に及ぶこともあるので着るものがとても難しく悩む日々が続く。そんな3月に仕事でリサイクルショップを一日巡った日があり、埼玉の奥地のお店で発見しゲットしたのが今回紹介する1970年代(推定)のオーディオタイマー、赤井電機の「RT-100」だ。

このタイマーの特長は、円形の窓が二つ並んでいるのが何ともカッコいいデザインで、実はこのデザインのタイマーは1975、6年に既にナショナルが「TE61」という型番でほぼ同じデザインのタイマーを出していることから、RT-100はそのOEM製品と思われる。(その証拠に同じデザインのタイマーは他社からも販売されている。)その価格も8000円台と同じである。

ただしディテールのデザインに関してはRT-100の方がきれいに仕上がっている感じがする。

正面左が時計で左側が24時間表示のタイマーになっており、緑とオレンジのセットピンを使って1日3組、つまり3回の(背面にあるコンセントの)ON、OFFを15分間隔で行うことができた。

誤差も多少はあったが、デジタル式より機械式の方がシンプルなユーザーインターフェースで誤操作が少なく、このタイマーは長年に渡って愛された。

言い忘れたが底面には50/60Hzの切り替えスイッチがついている。たぶん現在でも使用している方も少なからずいるのではと思っている。まぁ現代ではタイマーというより時計として純粋に楽しむのも良いのではないだろうか。

AKAI AUDIO TIMER RT-100

発売年不詳(70年代後半の製品と思われる)

1970年代後半に起きた主な出来事

  • 「月刊マイコン」創刊(1977年)
  • 「ザ・ベストテン」放映開始(1978年)
  • 「スペースインベーダー」が大ブーム(1978年)

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る