新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

海外デザイナーバブルの中、自社のデザインセンターで生み出されたデザイン家電「Panasonic Answering Machine VE-R30 Musica」

1980年代後半に始まったバブル時代、家電のデザインはどんどん派手になり、それらのほとんどは海外の著名なデザイナーを起用した海外デザイナーバブルと化していったが、国内メーカーのインハウスデザイナーも負けじと奮闘していた。

家電業界がそんな状況の中、当時の通信業界では1987年に携帯電話事業がスタートしたばかりで、一般家庭の電話はまだまだ留守番電話が主流だった。筆者も当時パイオニアのおしゃれなコードレス留守番電話機を購入した記憶がある。今回ゲットした電話機は、ラジカセを買い取りした際になぜかオマケで付いてきたものだ。そのラジカセは次回紹介したいと思っている。今回も本体のみでスペックなど詳細な仕様が分からないのが残念だが、じっくりと検証していきたい。

photo

自宅用の固定電話機なので、本体は適度な大きさだ。横幅は約20cmある。色はブラックだが、他にカラーバリエーションがあったかは分からない。VE-R30は基本的には留守番電話機だが、当時としては珍しくデザインにも気を配った電話機だ。

photo

デザインはやや有機的なフォルムで、左右がアシンメトリーのデザインになっている。実際実機を見るとディテールまでこだわっているのがよく分かる。

photo

そのデザインの大きな特徴は、本体から伸びるスピーカー部分と、さらにそこから横に伸びるバーの部分だ。

photo

このバー状の部分に受話器が乗っていて、使っていないときはバーと一体のデザインになっている。写真だとトップヘビーに見えるが本体のバランスは良い。

photo

本体の正面にスピーカーのボリューム調整スライダーがある。さらにその横には入力端子が存在する。留守電の応答用の音源などをここから入力できると思われる。

photo

そしてオペレーション部には、緩やかなカーブの上にプッシュ式の小さなボタンがレイアウトされている。やはりデザイン優先のせいか、ボタンは小さ過ぎて押しづらい感じがある。

photo

本体左側には留守録用の操作ボタンが並んでいる。その中でも「RELAX」ボタンが何を意味するか知りたい。

photo

右側にはプッシュ式のダイヤルボタンと、「SOUND CONTROL」と称する調整ノブがある。

photo

そして受話器を取るとこんな感じになる。コードレスではなくカールコードで接続されている。

photo

本体背面にはモジュラージャックと初期設定用のスイッチ類が並んでいる。

photo

本体の裏面のふたを開けると、メモリーバックアップ用の電池ケースと録音用のマイクロカセットテープが収納されている。この辺りが時代を感じさせる。

photo

この時代はライフスタイルが一気におしゃれになった頃で、床に置かれた照明器具や大画面テレビにローソファでカウチスタイルが大流行した。1989年グッドデザイン賞を受賞したVE-R30も、おしゃれな電話機としてその一翼を担ったのだと思っている。

photo

「Panasonic Answering machine VE-R30 Musica

発売時期: 1989年

1989年に起きた主な出来事

  • 新宿駅/渋谷駅にJR初の発車メロディ導入
  • 大橋巨泉司会のバラエティ番組「ギミア・ぶれいく 放送開始
  • 東京ディズニーランドに映画『スター・ウォーズ』をモチーフにした「スター・ツアーズ」オープン

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、fabcross編集部では、記事作成にあたって
極力テレビ会議アプリやメッセージアプリなどを利用しています。
また、ものづくりや対面での取材が伴う記事では、社会的距離を取り、接触を避けるなどの配慮をしています。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る