新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イベントレポート

Maker Faire Tokyo 2015レポート——Makerの興奮が日本の夏を熱くする!

Maker Faireの創始者Dale Dougherty氏にインタビュー

Maker Faireに合わせて来日。基調講演を済ませたオライリーのDale Dougherty氏にインタビューをする機会を得た。Makeムーブメントとそのコミュニティについて語ってもらった。

「日本のMakerは熱心」と語るDougherty氏。 「日本のMakerは熱心」と語るDougherty氏。

テクノロジーがMakerを変えた

——日本のMaker Faireについてどう思いますか?

Dale Dougherty氏(以下Dale):たいへん盛り上がっていますね。みんな熱心で多くの創造的なプロジェクトが行われているのはうれしい限りです。また、他の国のFaireに比べてオリジナリティにあふれた作品が多いのも特徴でしょうか。大量生産品っぽいものは少ないですね。日本人は遊びにも真面目なのだなあ、と感じます。

——アメリカとは違いがありますか? アメリカにはもともとガレージ文化があって個人のものづくりについて伝統があると聞いていますが?

Dale:確かにありますが、ガレージ文化は私の父や祖父の世代の話です。その頃はないものは自分で作るしかありませんでした。あくまで家族で使うためのもので、人に見せるという文化ではなかったと思います。また、製作の現場も今はガレージではなく、Maker仲間の家だったり、都市部の専用の施設だったりさまざまです。ただ、ものを自分で作るという点でガレージ文化は姿を変えてMakerムーブメントにつながっている側面もあります。私は祖父がモノを作るのを見て、作ることが好きになりましたし、娘はそんな私を見て今ものづくりを楽しんでいます。大きな違いは、テクノロジーの進歩によって個人ベースでもかなりのものが作れるようになった点、SNSの普及で仲間や社会とのつながりの中でものづくりが進んでいく点です。 

インターネットテクノロジーは道具に過ぎない

——最近、IoT(Internet of Things)という言葉をよく聞きますが、そのことについてはどう思いますか?

Dale:もちろんすばらしいことですが、言葉が先行している気もしますね。研究者や評論家の単語であってふつうの人が知っておくべきものではないように思います。パソコンの初期を考えれば普通の人にとってあまり関係のないものだった。それが仕事で必要なものになった。同じように、Makerはものづくりの過程で必要性を感じればそれを使います。インターネット技術はインターネット技術でしかない。道具は道具です。どう使い、何を生み出すか。そこが重要です。でも技術としてはすばらしい。あらゆる人が使えて、人に作品を見せることもできる。Makerとってたいへんな力になります。特に人とつながれるのがいいですね。オンラインでいっしょに何かを組み立てることができる。そこに文化が生まれます。 

Dougherty氏は語る。「インターネットでMaker同士つながることがすばらしい」 Dougherty氏は語る。「インターネットでMaker同士つながることがすばらしい」

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る