新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウドファンディング成功の秘訣! イベントレポート

世界中で数々の大成功を生み出すKickstarter——日本から目標出資額を集める秘訣はファンとのコミュニティ作り

2017年5月29日、東京都港区赤坂にあるTechShop Tokyoで、Kickstarterを利用して資金集めに成功したプロジェクトの先駆者たちを分析し、議論するトークイベント「クラウドファンディング成功の秘訣!」が開催された。日本の新しいアイデアを形にする起業家やクリエイター達が、世界全体に向けて資金を募集し、成功する秘訣(ひけつ)についてゲストスピーカーが語ったトークイベントの様子をレポートする。

日本からプロジェクトを立ち上げて成功するには

ご存知の方も多いだろうが、クラウドファンディングの先駆けであるKickstarterが、年内にも日本からのプロジェクト立ち上げにサービスが対応すると、2017年5月18日(日本時間)に発表している。発表後に日本でKickstarter関係者がゲストのイベントが初めて開催された。

ゲストスピーカーは、Kickstarterデザイン&テクノロジーディレクターのJulio Terra氏と、Kickstarter上で累計2千万ドル以上も資金調達の手助けをしてきたProper PropagandaのJackson Wightman氏、2015年から300件以上ものKickstarterのプロジェクトをサポートし、資金調達に携わっているJellopのGil Shterzer氏を迎えた。
司会進行は、テックショップジャパン代表取締役社長の有坂庄一氏とKickstarterのカントリーマネージャーの児玉太郎氏が務めた。会場には、日本発のプロジェクトやサービスを世界に広めようと、40人以上の起業家やクリエイター達が集まった。

プロジェクト成功の秘訣について質問するテックショップ ジャパンの有坂氏(右)とKickstarterの児玉氏(左)。 プロジェクト成功の秘訣について質問するテックショップ ジャパンの有坂氏(右)とKickstarterの児玉氏(左)。

イベントの冒頭から、Kickstarterで過去に失敗したプロジェクトや、大きく資金を集めたプロジェクトの共通点について質問が始まり、これまでの経験からKickstarterの運営側がプロジェクトを始める際に重要だと考えるポイントを語られた。

 

  • ユーザーの年齢層と性別を分析
  • Kickstarterで出資が多い年齢は35~55歳で、男性が全体の7割を占め、テクノロジーに関心が高い。
    これから立ち上げるプロジェクトのターゲットがこの条件と合致しているのか、それともこの条件以外のターゲットに向けて挑戦する必要があるのかをまずは見極める必要がある。

  • 価格をディスカウントしない
  • クラウドファンディングで目標出資額を集めるために、想定している販売金額よりもディスカウントして設定するプロジェクトも少なくない。
    しかし、プロジェクトに出資してくれたファンからディスカウントした金額に対して意見をもらっても役に立たない。ディスカウントしてしまうと、製品を量産する時もコストが合わずに苦しむことになるので注意する必要がある。Kickstarterのユーザーは、安いものを求めているわけではなく、これまでにないアイデアや見たことのないようなテクノロジーに期待して集まってきている。

  • プロジェクトの終了時刻はアメリカ時間で設定する
  • プロジェクトの終了時刻は、アメリカ時間(EST)で平日夜中のだいたい1:00くらいに設定すると成功率が上がる傾向にあるそうだ。夜中に設定すると、寝る前の最後の駆け込み需要が増やせるからだと話す。また、年末年始はKickstarterのアクセス数が減りやすいので避けたほうが良いそうだ。

  • 季節との関連性を生かす
  • 季節と関連があるプロジェクトは、需要が季節によって大きく変動する。関連性を理解し、季節に応じてプロジェクトを立ち上げると資金が集まりやすくなる。

  • メディアへのアプローチを行う
  • 「マスコミやメディアの各社へしっかりアプローチを行うことも重要だ」(Gil Shterzer氏)
    費用をかけて広告やマーケティングをしっかりと行い、たくさん露出してプロジェクトを知ってもらうことも忘れてはならない。

  • ストーリーを語る
  • アイデアや製品のストーリーをしっかりと説明する。このプロジェクトは何をしようとしているのか、何を伝えようとしているのか、ファンになってもらいたい国の文化を理解してしっかりと説明することが求められている。
    「日本のプロジェクトはストーリーがしっかりと説明されていないことが目立つ」(Julio Terra氏)
    立ち上げる際に注意してほしいポイントだ。

Jackson Wightman氏(左)とGil Shterzer氏(中)、Julio Terra氏(右)。 Jackson Wightman氏(左)とGil Shterzer氏(中)、Julio Terra氏(右)。

目標出資額を達成するため秘訣は、プロジェクトを立ち上げる前から早めにアイデアを公開し、ファンをたくさん集めてコミュニティを広げていくことが重要であるとJulio Terra氏は語る。

今人気の記事はこちら

  1. 自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」
  2. マウスピースをくわえて10秒で歯磨き完了——自動電動歯ブラシ「Amabrush」
  3. XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始
  4. ブランドロゴを貼るだけから共通パーツの製造まで 「世界の工場」に見る、製造業のグラデーション
  5. ネックを伸縮させてギタープレイ——全長約320mmのポータブルMIDIギター「Jammy」
  6. プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応
  7. アウトドアで使えるイスを1000円で作っちゃおう!
  8. ゲルマニウムからデジタルまでラジオの歴史をたどる——「作って合点!ラジオのしくみNo.5 DSPラジオキット」発売
  9. 第6回 STEM教育には欠かせないコミュニティの存在とマイコンボード「micro:bit」が目指すもの
  10. クリーンなデザインでデスクトップにマッチ——小型FFF方式3Dプリンター「E180」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る