新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

Office24 Studio(東京 新宿)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」、5回目は2013年10月に新宿駅近くにオープンしたOffice 24 Studio。

Office 24 Studioはオフィスコンビニ事業などを展開するオフィス24が運営する、3Dプリンティングの専門店だ。
新宿駅西口近くの店舗は「新宿駅から歩いて1分」がキャッチフレーズ。店内には最新鋭の大型3Dプリンタからデスクトップ3Dプリンタまでそろっていて、ビジネスユースから個人利用に至るまで幅広いニーズに対応できる。

フルサービスとセルフサービスの2つのサービスがあり、フルサービスでは利用者のオーダーを受けたオペレータの操作により、「ProJet HD 3500MAX」や「ProJet 660Pro」などハイスペックなプロフェッショナル向け3Dプリンタで出力ができ、出力時間や重量、納期に応じた課金体系となっている。

セルフサービスは「CubeX」などの比較的廉価な機種を利用者自身が操作するもので、料金はタイムチャージ制(3Dプリント出力または3Dスキャンが15分ごとに1200円)。セルフサービスというコース名ではあるが、データや出力に関する相談や質問、見積金額などの相談に応じてくれるスタッフもいるので、初めてでも安心して利用できる。

両サービスとも時間をベースにした課金体系になっており、一般的な立体造形の出力サービスと比較してリーズナブルな価格で利用できる。

出力はセルフサービスではABSまたはPLA樹脂、フルサービスではアクリル樹脂と石膏フルカラーに対応している。

3Dプリンタのみならず3Dスキャナやレーザーカッター、カッティング用の素材も用意しており、パーソナルファブリケーションからビジネスユースまで幅広く対応している。
 

店長の大城さんによるとオープン以来、個人・法人ともに問い合わせが多く、法人では建築用模型の出力、個人ではフィギュアや家電部品の3Dプリンティングなどさまざまな相談が寄せられている。

2013年12月現在、東京1店舗のみだが、利用者の動向を見ながら店舗の追加や、オンラインサービスへの対応も検討していく予定という。 

概要

所在地

東京都新宿区西新宿7-11-1
宝塚大学 東京新宿キャンパス1F

営業時間

[平日]
10:00~20:00

[日曜・祝日]
10:00~19:00

ウェブサイト http://www.office24studio.jp/
予約 可能
受注対応 可(フルサービス)
料金

フルサービス:ハイエンド立体造形
出力料金(60分)
HD 1000円、UHD 1200円、XHD 1500円
データ処理料金 2000円 / 15分
サポート材除去 2500円 / 10点
材料料金 10gまで 300円 / g、11g~100g 200円 / g
101g以上は100g毎に値引。
※基本料金無料。標準納期より短い場合は加算、長い場合は割引が適応される。

フルサービス:フルカラー立体造形
基本料金 3000円
データ処理料金 2000円 / 15分
容積(~100cm3) 200円 / cm3
容積(100cm3~) 140円 / cm3
※上記に加えて、標準納期より短い場合は加算、長い場合は割引が適応される。

セルフサービス
3Dプリンタ出力 1200円 / 15分
3Dスキャン 1200円 / 15分

決済方法

4,000円/45分(別途オプションサービスあり)
※利用サービスによって料金が異なるので、各種サービスの料金についてはウェブサイト等でご確認ください。

決済方法 現金・クレジットカード

機材

3Dプリンタ: 「3D Systems CubeX Duo」「3D Systems CubeX Trio」 3Dプリンタ: 「3D Systems CubeX Duo」「3D Systems CubeX Trio」
3Dスキャナ:「Roland DG PICZA LPX-60」 3Dスキャナ:「Roland DG PICZA LPX-60」
レーザーカッター:「Universal Laser Systems VLS 3.60」 レーザーカッター:「Universal Laser Systems VLS 3.60」
3Dプリンタ:「3D Systems ProJet 3500 HDMax」(左)、「3D Systems ProJet 660Pro」(右) 3Dプリンタ:「3D Systems ProJet 3500 HDMax」(左)、「3D Systems ProJet 660Pro」(右)

今人気の記事はこちら

  1. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  5. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  6. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  9. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  10. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る