新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE(北海道 札幌)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」、今回は北海道・札幌の「札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE」(以下SHARE)。

SHAREは2013年4月にオープンしたコワーキングスペースで、JR札幌駅から徒歩10分の場所にある。

オーナーはインテリア家具小売の大手、ニトリで商品開発に携わっていた経歴を持つ齊藤隆さん。設計から内装のデザイン、照明や机などのチョイスに至るまで、齊藤さんの経験とアイデアが活かされており、居心地の良さを追求したSHAREはオフィスというよりはカフェのような雰囲気だ。

現在会員は約400人で男女比は半々。ものづくりに限らず、さまざまな目的とバックグラウンドを持った人たちが集う。北海道内でデジタル工作機械を時間貸しで使えるのは、2014年現在でSHAREだけということもあり、釧路や苫小牧など札幌市外から定期的に通う会員もいるという。

3Dプリンタやレーザーカッターを使う場合も常駐のスタッフがサポートしてくれるので、初めての人も安心して利用できる。 

またスペースを活用したイベントも頻繁に実施している。3Dフィギュアの制作を体験するワークショップやトークイベント、会員間の交流会など内容もさまざまだ。

「イベントはほぼ毎日やっています。イベントを目的に来た人がイベント後の交流会で他の参加者や会員と繋がることでネットワークが広がりますし、会員から仕事や案件の相談があった際にも、SHAREから会員に対して『こういう話があるんだけど、できる人はいますか』と呼びかける事もあります」(齊藤さん)

2014年から札幌で起業する人を支援する制度にも参画し、自治体と連携して起業に関する情報提供やさまざまな支援をしていくなど地域にコミットした運営をしている。

より地域に愛される場所にするため、今後はコワーキングスペースという概念にとらわれず、さまざまな人に利用される場所にしたいと齊藤さんは考えている。

「最終的には札幌市民にとって欠かせない場にするのが目標です。オープンから1年間はコワーキングスペースとしてビジネス利用が主でしたが、すそ野を広げて社会の中で困っている人と解決できる人を繋いで、ビジネスでありながらも社会がよくなるようなことが生まれる場にしたいです」 

左にあるのは利用者の目標が書かれた目標設定ボード。なんとなく使うのではなく、目標をもって利用して欲しいという思いから用意したもの。 左にあるのは利用者の目標が書かれた目標設定ボード。なんとなく使うのではなく、目標をもって利用して欲しいという思いから用意したもの。
フリースペースエリア。棚には参考書籍や会員が制作したものが展示されている。 フリースペースエリア。棚には参考書籍や会員が制作したものが展示されている。
固定席会員用の専用スペース。 固定席会員用の専用スペース。

概要

所在地

北海道札幌市中央区北2条東1丁目3-3
サンマウンテンビル3階

営業時間

平日(月〜金)10:00〜21:00(最終入場時間20:00)
土曜日・祝日 10:00〜19:00
休日 日曜(イベント等予約日を除く)、年末年始

ウェブサイト http://www.sharedesign.biz/
予約 可能
受注対応 可能(要相談)
料金

施設利用料
ビジター会員 540円(2時間)1080円(1日)
ホリデイ会員 4900円/月
デイ会員 7900円/月
マスター会員 9900円/月
固定席会員 2万1600円/月
FAB会員 2万1600円/月
FAB学生会員 1万6200円/月
FAB固定席会員 3万2400円/月

上記に加えて初回利用時に入会金として
ビジター会員 540円(税込)
マンスリー会員  3240円(税込)
※学生割引あり
各会員種別ごとの違いについてはこちら

工作機器利用料
3Dプリンタ 2160円/時間
レーザーカッター 2160円/時間
切削加工機 1080円/時間

※カッティングマシン、ミシン、撮影用照明セットは無料
ビジター会員は工作機器利用料に加え、スペース利用料が必要。
FAB会員は施設利用料のみで利用可能

決済方法 現金、クレジットカード、PayPal
備考 利用には会員登録が必要

 

機材

レーザーカッター: 「Trotec Rayjet」 レーザーカッター: 「Trotec Rayjet」
3Dプリンタ:「3DSystems CubeX Duo」 3Dプリンタ:「3DSystems CubeX Duo」
切削加工機:「Roland D.G. MODELA MDX-40A」 切削加工機:「Roland D.G. MODELA MDX-40A」
カッティングマシン:「LION STIKA SV-8L」 カッティングマシン:「LION STIKA SV-8L」
簡単な物撮り用のミニスタジオセットも用意されている。 簡単な物撮り用のミニスタジオセットも用意されている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る