新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

Co-Box(大阪 天満橋)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」、今回は大阪の官庁街、天満橋にあるコワーキングスペース「Co-Box」。

京阪・市営地下鉄天満橋駅から谷町筋に沿って南に5分ほど歩いたところにあるCo-Box(コーボックス)は2014年2月にオープンしたばかりのコワーキングスペースだ。

室内にはフリーアドレスのワーキングスペースと休憩用のスペース、3Dプリンタやレーザーカッターが並ぶものづくり用のスペースが用意されている。

オーナーの本庄克宏さんはいくつかのECサイトを運営していたが、クリス・アンダーソンの「MAKERS——21世紀の産業革命が始まる」を読んで、デジタルファブリケーションツールの存在を知り、なかでも製品レベルの品質で加工ができるレーザーカッターに強い関心を持った。

しかし、当時は気軽にレーザーカッターが利用できる施設が関西には無く、個人がものづくりで起業する時代に向かっている中で、気軽に試作できる施設が必要だと思い、Co-Boxを立ち上げた。

本庄さんがレーザーカッターを使って制作した作品。Co-Boxで導入しているレーザーカッターは紙を切っても燃えたり焦げあとがついたりしないので、こういった作品も制作可能。 本庄さんがレーザーカッターを使って制作した作品。Co-Boxで導入しているレーザーカッターは紙を切っても燃えたり焦げあとがついたりしないので、こういった作品も制作可能。

平日の日中はコワーキングスペースとして利用されることが多いが、平日夜や休日にはワークショップも開催している。うちわや革製品など身の回りにあるものを加工するなど、気軽に参加しやすいテーマを心がけているという。

「私自身がレーザーカッターから受けた衝撃的な体験を、ぜひいろんな方にも感じてほしいと思い、レーザーカッターを使ったワークショップは頻繁にやっています」(本庄さん)

コーヒーやカップめんなどが用意されている。 コーヒーやカップめんなどが用意されている。

今後はコワーキングスペースとして、ものづくりで起業する人が集まるスペースにしたいと本庄さんは話してくれた。大阪市で中小・ベンチャー企業支援を行っている「大阪産業創造館」から巣立ったあと、Co-Boxを利用している人も既に何人かいる。

また、デジタルファブリケーションツールの種類も増やすことでものづくり工房としての機能も拡充し、利用者が主催するワークショップも支援したいという。12人以上でワークショップを開催する場合は1日総額1000円という格安な値段で利用できるということも、そういった想いから来ている。

室内のテーブルは全てDIYで制作したもの。広々とした作業スペースが確保されている。 室内のテーブルは全てDIYで制作したもの。広々とした作業スペースが確保されている。

大阪の官庁街である天満橋の目抜き通りである谷町筋沿いというビジネスでもプライベートでもアクセスしやすいロケーションにあるCo-Box。ワークショップなどイベント情報はWebサイトやfacebookページに掲載されているので、ぜひチェックしてみよう。

概要

所在地

大阪市中央区谷町1丁目3-5
アンフィニィ天満橋(旧オグラ天満橋ビル) 3F

営業時間

平日(月〜金)09:00〜18:00
土日祝日、平日18時以降は要予約

ウェブサイト http://www.co-box.info/
予約 可能
受注対応 不可
料金

【一時利用】
2時間 500円
1日  1000円
3Dプリンタ 500円/30分
レーザーカッター500円/15分
※電源、無線LAN、ドリンク、お菓子が無料
※工作機器を利用する場合は入会金3200円が必要

【メイカーズ月利用】
1万4900円/月
※すべての工作機器が使い放題

【セミナーワークショップ開催】
4人~7人 3000円/1日(1500円/4h)
8人~11人 2000円/1日(1000円/4h)
12人~  1000円/1日

決済方法 現金、クレジットカード

 

機材

レーザーカッター :「Universal Laser Systems VLS 6.60」 レーザーカッター :「Universal Laser Systems VLS 6.60」
用途に応じたレーザーカッター用のアタッチメントも用意されている。 用途に応じたレーザーカッター用のアタッチメントも用意されている。
3Dプリンタ:「オープンキューブ SCOOVO C170」 3Dプリンタ:「オープンキューブ SCOOVO C170」
カッティングプロッター:「Graphtec silhouette CAMEO」 カッティングプロッター:「Graphtec silhouette CAMEO」
ブックスキャナ:「PFU ScanSnap SV600」 ブックスキャナ:「PFU ScanSnap SV600」

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  3. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  4. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  9. グラフェンから無限の電力を引き出す、小型デバイス向けエナジーハーベスト回路を開発
  10. レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る