新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

KOIL(千葉 柏市)

日本全国区のファブ施設を紹介する「fabなび」、今回は2014年4月にオープンした「KOIL」。

KOILは三井不動産が、柏の葉スマートシティの中核街区として開発を進めている複合施設「ゲートスクエア」に、企業や個人が集まり交流を通じて新産業を生み出す拠点として立ち上げたコワーキングスペースで、「知識・技術・アイデアのシェアによって世界を変える新産業を生み出すイノベーション拠点」をコンセプトにしている。
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅から徒歩2分、「ショップ&オフィス棟」6階に位置し、立地的にも機能的にも『新産業創造の街』の中心的存在と位置づけられている。

KOILという名前は“Kashiwa-no-ha Open Innovation Lab”の略称。なお、企画や設計にはFabCafeを運営するロフトワークも協力している。 

KOILのあるショップ&オフィス棟は、1〜3階までは「ららぽーと柏の葉」北館、4〜6階が「KOIL」になっている。 KOILのあるショップ&オフィス棟は、1〜3階までは「ららぽーと柏の葉」北館、4〜6階が「KOIL」になっている。

オープンは2014年4月。建物内に足を踏み入れると、新築の香りがする。

三井不動産柏の葉街づくり推進部の弘瀬愛加さんによると、「つくばエクスプレス沿線は筑波大、東京大、千葉大などの大学やさまざまな研究所が集まる、知の集積されたエリアです。秋葉原とつくばのちょうど中間点に位置する柏の葉から、オープンイノベーションを加速して、ここからみんなで世界を変えよう、とKOILをオープンしました」ということだ。

KOILの特徴は、空間だけでなくイノベーションを生み出すコミュニティが用意されている点にある。創業支援組織「TXアントレプレナパートナーズ」と連携し、起業家たちのアイデアや技術を事業化につなげる充実した創業支援プログラムを提供。KOILの会員は、常駐するメンターによるメンタリングや1on1セミナーを受講することが可能だ。

KOILには、人々が有機的に交わるためのコワーキングスペース「KOILパーク」、セミナーや体験型ワークショップなどのイベントが行える「KOILスタジオ」、交流・情報発信・議論の場となるミーティングルームなどの施設がある。オープンイノベーションの輪を広げることを目的に一部の施設は会員以外のビジターにも開放している。

日本最大級、170席の広々としたコワーキングスペース「KOILパーク」。 日本最大級、170席の広々としたコワーキングスペース「KOILパーク」。
オープンな発想を生むことを狙った空間設計。クリエイティブな家具が揃い、会員は自由に利用できる。その日の気分に合わせてスペースを変えて作業をすれば、いい気分転換になるだろう。 オープンな発想を生むことを狙った空間設計。クリエイティブな家具が揃い、会員は自由に利用できる。その日の気分に合わせてスペースを変えて作業をすれば、いい気分転換になるだろう。
個別の空間を利用できる専有オフィス。都心ではなかなか見られないバルコニー付きが魅力だ。 個別の空間を利用できる専有オフィス。都心ではなかなか見られないバルコニー付きが魅力だ。
ミーティングルームは4名から最大36名収容まで、全14室。ビジターも利用可能。プロジェクタやモニタが備え付けの部屋もある。 ミーティングルームは4名から最大36名収容まで、全14室。ビジターも利用可能。プロジェクタやモニタが備え付けの部屋もある。
約80名収容できる空間でセミナーやカンファレンス等に利用できるスペース。大型スクリーンやマイク設備もそろっている。 約80名収容できる空間でセミナーやカンファレンス等に利用できるスペース。大型スクリーンやマイク設備もそろっている。

KOILはエンジニアやデザイナー、周辺の学生や地元に住む人まで多様な立場の人々が集まり、参加者を巻き込みながら知の交流やコミュニケーションを生み出すことを意図しているため、会員専用のエリア(KOILパーク)以外は、一般の方も立ち入りが可能。エントランス隣にはカフェが併設されており、ランチタイムなどは地域にお住まいの子ども連れの母親たちで賑わっている。

地元に人気の行例のできるカフェレストラン「Agora」。 地元に人気の行例のできるカフェレストラン「Agora」。

コワーキングスペースで生まれたアイデアを素早くカタチに変えるために用意された「KOILファクトリー」(デジタルものづくり工房)には、さまざまなデジタルファブリケーション機器が揃っている。一般の方もレーザーカッター、3Dプリンタ、3Dモデラや3Dスキャナなどが利用できる。

広々とした「KOILファクトリー」。KOILのプロトタイピングスペース。3Dモデラなど、他のファブ施設ではなかなかお目にかかれない機材もある。 広々とした「KOILファクトリー」。KOILのプロトタイピングスペース。3Dモデラなど、他のファブ施設ではなかなかお目にかかれない機材もある。
3Dプリンタスペースには、利用者の作品なども展示されている。 3Dプリンタスペースには、利用者の作品なども展示されている。
レーザーカッターの材料販売も行っている。 レーザーカッターの材料販売も行っている。

「KOILファクトリーでは、3Dプリンタとレーザーカッターのエントリー講習(各1,000円)を行っています。2回目以降の利用からは、空いていれば予約が可能になります。学生の方や地域にお住まいの方などにもどんどん利用していただきたいですね」(弘瀬さん)

KOILは、コワーキングオフィスとしてかなり広々としており、自由な雰囲気にあふれている。ものづくりでの起業を目指す人や、週末にものづくりを楽しみたいという人にも最適だ。

概要

所在地

千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区2
ショップ&オフィス棟6階

受付時間 9:00〜21:00
ウェブサイト http://koil.jp/
会員プラン

使い放題プラン(毎日6:00〜23:00)
1万8000円/月(税別)

使い放題プラン[固定席](毎日6:00〜23:00)
2万7000円/月(税別)

アフター6+週末プラン
(平日18:00〜23:00、土日祝9:00〜18:00)
9000円/月(税別)

デイタイムプラン(平日9:00〜18:00)
9000円/月(税別)

月5プラン(毎日9:00〜21:00 月5日まで)
6000円/月

※全プラン別途入会金3000円(税別)が必要

KOILファクトリー
利用料金

レーザーカッター
一般料金2000円/30分(税別)
会員1600円/30分(税別)

3Dプリンタ
一般料金500円〜/30分(税別)
会員400円〜/30分(税別)

3Dモデラ
一般料金2000円/30分(税別)
会員1600円/30分(税別)

備考 KOILパーク入居時に各種割引プランが用意されている。
この他の設備利用料については、KOILのサイトを参照

 

機材

レーザー加工機:「TROTEC Speedy300 C75」 レーザー加工機:「TROTEC Speedy300 C75」
「BONSAI Mini BS01 PLAモデル、同ABS/PLAモデル」 「BONSAI Mini BS01 PLAモデル、同ABS/PLAモデル」
大判インクジェットプリンタ:「EPSON SuperColor SC-T5050」 大判インクジェットプリンタ:「EPSON SuperColor SC-T5050」
3Dモデラ:「FreeForm with Touch」 3Dモデラ:「FreeForm with Touch」
3Dスキャナ:「NextEngine HD Pro」 3Dスキャナ:「NextEngine HD Pro」

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る