新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

はんだづけカフェ(東京 秋葉原)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」、今回は東京秋葉原エリアの北側にある「はんだづけカフェ」。
電子工作部品のオンラインストア「スイッチサイエンス」が運営するオープンスペースだ。

はんだづけカフェは2016年に運営を終了しています。掲載している情報は取材当時のものです。(編集部)
中学校の校舎をリノベーションして作られた3331 Arts Chiyoda(以下3331)内にある「はんだづけカフェ」は、電子工作用のマイコンボードやさまざまな部品、デバイスのオンライン販売を行う「スイッチサイエンス」が運営しているスペースで、電子工作をする際に使用するはんだごてや工具などが無料で利用できるのが特徴だ。
ちなみに店名にカフェとあるが飲食物は提供していない。

もともと3331の中にオフィスを構えていたスイッチサイエンスが、オフィスの一角を就業時間後に開放したのがきっかけだった。オープン当初は3台のはんだごてがあるのみだったが、社員の知り合いが来るようになり、ネットで活動を見たさまざまなメーカーや利用者からツールを寄贈されるようになって、それがツールを利用者間で共有するというユニークな文化を生んだ。

「スイッチサイエンス自体、オープンソースハードウェアを支援していることもあり、運営当初からオープンに運営していこうというスタンスでした。室内にカメラを設置して、Ustreamからいつでも様子を見ることができるようにしていたら、それを見た白光さんからはんだごてを寄贈して頂いたり、常連さんが『○○って無いの? じゃ、今から買ってきてここに置いておくよ』といった感じで他のお客さんも使えるようにツールを提供してくれたりして、今でははんだごては8台まで増えましたし、工具箱に入れるようなものについてはいつのまにか結構増えましたね。」(スイッチサイエンスの牧井佑樹さん) 

お父さんに連れられてきた子供が退屈しないようにミニカーやペーパークラフトを用意するなどさり気ない気遣いも。 お父さんに連れられてきた子供が退屈しないようにミニカーやペーパークラフトを用意するなどさり気ない気遣いも。

一般利用は無料で、貸切の場合も何人で利用しても1時間あたり1000円と非常にリーズナブルなので、スペースを借り切って利用者同士でワークショップを開催することもあるという。

利用者も老若男女問わず、さまざまな人が訪れ、思い思いの工作をしている。
「仕事帰りに来る方や、近くの電子部品ショップで部品を買って、ここで工作する人は結構いますね。女性の利用者も多く、“テクノ手芸”(編注:LEDが光るマフラーなど、電子工作と手芸をかけあわせたもの)も人気です。日によっては女性のほうが多いこともあります。自由研究の工作をしに来た親子の、隣にいたおじいさんがお子さんに工作の仕方を教えていたこともありました」(牧井さん) 

はんだづけカフェの壁面に展示されているテクノ手芸のひとつ。うさぎの目の中にLEDが仕込まれている。 はんだづけカフェの壁面に展示されているテクノ手芸のひとつ。うさぎの目の中にLEDが仕込まれている。

現在はスイッチサイエンスのオフィスが移転した事もあり、開放時間は月・水・金曜の夕方と土日の午後から夕方までに縮小して運営しているが、数カ月以内には開放時間を拡大する予定だという。

電子工作の初心者も上級者も集まり、肩を並べてはんだごてに集中できる「はんだづけカフェ」を通じて電子工作を身近に感じてほしいと牧井さんは話す。
今後はスイッチサイエンスで扱っている製品にも触れられるようにしたり、3Dプリンタなど利用できるツールの幅も広げていく予定とのことなので、電子工作に興味のある人は一度利用してみてはいかがだろうか。 

さまざまなメーカーのはんだが試せる「利きはんだセット」が購入できる。 さまざまなメーカーのはんだが試せる「利きはんだセット」が購入できる。

概要

所在地

東京都千代田区外神田6丁目11-14
3331 Arts Chiyoda #311

営業時間

月水金:18:00~20:30
土日祝:13:00~18:00

ウェブサイト http://handazukecafe.com/
料金 無料。貸切での利用は1時間につき1000円
備考 初回受付時に会員カードを発行

 

機材

はんだごて:「HAKKO FX-951」(左)「HAKKO FX-888」(右) はんだごて:「HAKKO FX-951」(左)「HAKKO FX-888」(右)
はんだごて:「HAKKO FX-888D」(左)、「FX-600」(こて台:HAKKO 633、クリーナー:HAKKO 599B)(右) はんだごて:「HAKKO FX-888D」(左)、「FX-600」(こて台:HAKKO 633、クリーナー:HAKKO 599B)(右)
テスター:「SANWA CD772」(左)、電源:「Sunhayato DK-910」(中央)、「Sunhayato DK-920」(右) テスター:「SANWA CD772」(左)、電源:「Sunhayato DK-910」(中央)、「Sunhayato DK-920」(右)
リワークステーション:「SparkFun TOL-00609」 リワークステーション:「SparkFun TOL-00609」
オシロスコープ:「ATTEN ADS1062C」 オシロスコープ:「ATTEN ADS1062C」
利用者や企業からの寄贈品の多い工具類。「かゆいところに手が届く工具がそろっています」(牧井さん) 利用者や企業からの寄贈品の多い工具類。「かゆいところに手が届く工具がそろっています」(牧井さん)
細かい作業時に役立つ道具も多数用意されている。 細かい作業時に役立つ道具も多数用意されている。
基板の切断に使用するサーキュラソウテーブル 基板の切断に使用するサーキュラソウテーブル
ミニドリル:「Sunhayato D-5B」 ミニドリル:「Sunhayato D-5B」
カッティングマシーン:「GRAPHTEC CraftROBO」 カッティングマシーン:「GRAPHTEC CraftROBO」

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る