新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

あッ 3Dプリンター屋だッ!! 東京メイカー × ストーンスープ (東京 中野)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」、今回は東京・JR中野駅前の複合ビル、中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!! 東京メイカー × ストーンスープ 」(以下3Dプリンター屋)。

※当施設は2018年1月現在運営を終了しています。本記事は取材当時のものです(fabcross編集部追記 2018年2月5日付)
「3Dプリンター屋」は、2014年2月にオープン。中野ブロードウェイ地下1階という、ファブ施設としては珍しい立地で、店舗にはドアがなくかなりオープンな雰囲気となっている。

中央が店長の中村翼さん(@tokyomaker)。左はインターン生の斉藤さん(@CADtetsu)。右も同じくインターン生の渡邉さん(@hw_onakaitai)。 中央が店長の中村翼さん(@tokyomaker)。左はインターン生の斉藤さん(@CADtetsu)。右も同じくインターン生の渡邉さん(@hw_onakaitai)

「中野ブロードウェイを選んだのは、サブカルの聖地であり、日本のマニアが一番集まる場所だから。マニアの人達が、3Dプリンタを使ってどんなものを作りたいのかを知りたかったんです」(TOKYO MAKERの中村翼さん)

とは言っても、立地が立地だけに、客層はさまざま。話を聞きつけたものづくりに興味のある人はもちろん、買い物帰りの主婦や夏休みの自由研究目的で集まる小中学生なども多いようだ。最近では観光地化しているので、外国人もやってくるという。 

店内にはこれまで制作された作品を展示しているスペースがある。一部は販売も行っている。 店内にはこれまで制作された作品を展示しているスペースがある。一部は販売も行っている。

そのほか、近くの明治大学中野キャンパスの先端メディアサイエンス学科の先生も訪れ、そこから大学との連携が始まったり、中野区の産業振興推進機構と連動し始める予定だという。

「店の方針はあまり決めずに来店するお客さんからの要望や、インターンシップの学生と話し合いながら進めています。「あッ 3Dプリンター屋だッ !!」の自由な場と3Dプリンタ/3Dデータに関する技術を我々は提供しています。オープンな場所で、3Dプリンタという共通言語の中で何が起きるのかというのをリサーチしているという感じです。大学や中野区とのコラボレーションも、ほんとに偶然から始まったものです」(中村さん)

もともと、普及し始めた3Dプリンタを使って、一般の人たちはどんなものを作りたいと思っているのかを知りたいというのが、この店を始めるきっかけとなっている。そのデータはたいへん貴重なもので、文部科学省と科学技術振興機構の産学連携事業「革新的イノベーション創出プログラム(COI-T:Conter of Innovation Trial)」の今年度トライアルとして採択された明治大学、慶応大学、山形大学、関西学院大学が参加するプロジェクトで一部が活用されている。 

定番のiPhoneケースのほか、さまざまな作品が展示されている。ネットで有名な三つ又鉛筆の店頭販売も行っている。ギターのサムピックにボールペンの芯をセットしたミニボールペンは渡邉さんの作品。電車の車体しか作らないという斉藤さんは、「CAD鉄」というコミュニティを主催している。丸い物体はヨーヨー。ヨーヨーマニアの社会人が制作し販売も行っている。 定番のiPhoneケースのほか、さまざまな作品が展示されている。ネットで有名な三つ又鉛筆の店頭販売も行っている。ギターのサムピックにボールペンの芯をセットしたミニボールペンは渡邉さんの作品。電車の車体しか作らないという斉藤さんは、「CAD鉄」というコミュニティを主催している。丸い物体はヨーヨー。ヨーヨーマニアの社会人が制作し販売も行っている。

現在、3Dプリンタは7台。基本的には出力したいデータを持ち込んでもらい、まずデータを確認する。そこから出力時間を計算し、1時間980円(材料費込み)で出力ができる。なお、3Dデータが作成できないという人には、3D Systemsの3Dスキャナ「Sense」で3Dスキャンしたり、データ作成を請負ったりもしている。

そのほか、月に1〜2回はAutodesk 123Ddesignの無料勉強会も実施。インターン生が3D CADソフトの講習を行ったり、共同運営のデータ作成会社「STONE SOUP」の社長がモデリングの概念などを解説している。客層は、学生から子連れの主婦、高齢者までさまざま。やはり場所柄なのだろうか。

「ここは地域にある児童館のようなイメージです。児童館では子どもたちが集まって、そこでお兄さんが和太鼓を教えたりしてくれます。ここでは集まってきたみなさんに、3Dプリンタについて知ってもらうことができます。そして、3Dプリンタを通していろいろなジャンルのマニアが出会い、そこからおもしろい場とアイデアが生まれています。ファブ施設にはいろいろなタイプがありますが、ここが一番オープンでマニアが集う場所かもしれませんね」(中村さん)

おそらく、日本で一番オープンで、一番気軽に立ち寄れるファブ施設はここだ。中野ブロードウェイに遊びに来たついでに、ふらりと立ち寄ってみてはいかがだろうか。イベントの情報は東京メイカーのFacebookページで告知しているとのことなので興味がある人はあわせてチェックして欲しい。 

概要

所在地 東京都中野区中野 5-52-15 中野ブロードウェイ B1F
営業時間

12:00~20:00

定休日 水曜日
Webサイト あッ3Dプリンター屋だッ!! 東京メイカー×ストーンスープ
料金

出力:1時間980円(材料費込み)
3Dスキャン:1回1500円
データ作成:別途見積もり

 

機材

3Dプリンタ:「XYZプリンティング ダヴィンチ1.0」 3Dプリンタ:「XYZプリンティング ダヴィンチ1.0」
3Dプリンタ:「TierTime Technology UP Plus2」 3Dプリンタ:「TierTime Technology UP Plus2」
3Dプリンタ:「アビー SCOOVO C170」 3Dプリンタ:「アビー SCOOVO C170」
3Dプリンタ:「Bits from Bytes 3D Touch」 3Dプリンタ:「Bits from Bytes 3D Touch」
3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」 3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」
3Dプリンタ:「RepRap MendelMax 1.5 3Dプリンタ:「RepRap MendelMax 1.5

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る