新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

西千葉工作室(千葉 みどり台)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は千葉県千葉市にある「西千葉工作室」。のどかな住宅街にあるものづくりスペースだ。

西千葉工作室がオープンしたのは2014年6月。千葉大学出身者たちが集まり「自分たちの街にものづくりスペースを作りたい」という思いから、オープンに至ったという。

京成千葉線みどり台駅から徒歩1分ほどのところにある住宅街の道路に面したビルの1階にあり、道路側はガラス張りとなっているためかなり開放的。ほかのファブ施設に比べても、オープンなイメージ。店舗は工作スペースとカフェスペースに分かれている。工作をせずカフェだけの利用もOKだ。 

通りに面した工作スペース。レーザーカッターや3Dプリンタのほか、ハンドツールも多数そろっている。 通りに面した工作スペース。レーザーカッターや3Dプリンタのほか、ハンドツールも多数そろっている。
工作スペースの奥にカフェスペースがある。カフェだけの利用もOK。両スペースはドアで仕切られているが行き来は自由。 工作スペースの奥にカフェスペースがある。カフェだけの利用もOK。両スペースはドアで仕切られているが行き来は自由。

「住宅街にあるので、地域の人にどう使ってもらうのかというのがメインテーマです。カフェと工作という2種類の利用形態があるので、近所の家族が遊びに来たり、自治会長さんがコーヒーを飲みに来たりもします」(西千葉工作室、小柳さん)

工作スペースは1回1000円、カフェの利用は1回500円。いずれもワンドリンク付きで、利用時間に制限はない。Wi-Fiや電源も使えるので、カフェスペースでパソコンを開いて作業をしている人も多いそうだ。

「ファブ施設としては安めの値段設定かもしれません。メニューに食事はないので、途中で外に食べに出ていただいても問題ありません。レーザー加工機と3Dプリンタは追加料金をいただいていますが、それでも都内のファブ施設に比べると安いと思います」(小柳さん) 

店内の内装、備品などはほとんどが手作り。ランプシェードはレーザー加工機を使って制作したものだ。 店内の内装、備品などはほとんどが手作り。ランプシェードはレーザー加工機を使って制作したものだ。

利用者は幅広く、千葉大学でデザインや建築を学んでいる学生が、課題をやりに来たり、ものづくりにはあまり興味がない年配の方が、学生などとおしゃべりを楽しんだりしているという。

スタッフは学生ボランティアを中心に30名ほど在籍する。スタッフを中心に「部活動」を行っており、継続的な活動に繋がりつつあるという。 

トイレにはホワイトボードがあり、コミュニケーションツールとなっている。椅子やペーパーホルダーなどについての告知があった。 トイレにはホワイトボードがあり、コミュニケーションツールとなっている。椅子やペーパーホルダーなどについての告知があった。

なお、現在人気がある機材はレーザー加工機とのこと。デザイン系や建築系の学生が課題で使うパーツを作ったり、プレゼントに名前を刻印したいというお客さんや、親子連れできて何か作りたいというアバウトな要望もあるが、そのようなときは、子どもに絵を描いてもらってそれをスキャンし、レーザー加工機で出力をしているという。

そのほか、地域住民との交流を目的にイベントも開催。飲食店とコラボレーションをしたオクトーバーフェストや、3Dプリンタを見ながらのお茶会などを行った。

「住民の方から3Dプリンタについて知りたい、3Dプリンタを動いているところを見たいという要望があったので、詳しい学生スタッフに実演してもらったんです。家族連れや年配の技術系の方など幅広い層に来ていただいて、いいイベントになったと思っています」(小柳さん) 

この日は「稲毛シャルソン」の開催日。シャルソンとは「ソーシャルマラソン」の略。通常のマラソンはゴールまでの決まったコースを走るが、シャルソンでは指定された区域内の各チェックポイントを自由に回り、それぞれのチェックポイントが用意したイベントをクリアしていくというもの。マラソンとは言っても特に走る必要はなく、自由に街を歩き回って体感しようという主旨だ。

西千葉工作室は稲毛シャルソンの“給「つくる」ポイント”となっており、訪れた人はオリジナルの手ぬぐい作りを行っていた。今後はさらに地域に溶け込み、街で共有するものづくりスペースにしていきたいとのこと。

「最終的には、“地域のものづくりの場”としてみなさんで共有できるスペースになれればいいなと思っています。図書館や公民館のようなイメージです。スタッフとお客さんという明確な垣根もなく、スタッフが分からなければ隣にいたお客さんが教えてあげてもいいですし。地域の人たちがつながる場所、街になにかのきっかけを作ることができる場所が理想です」(小柳さん) 

概要

所在地 千葉県千葉市稲毛区緑町2-16-3 萩原ビル1階
営業時間

水~金曜日 11:00~21:00
土(第3土を除く)・日・祝日 10:00~20:00

ウェブサイト https://www.facebook.com/nishichibaksks
料金

カフェスペース利用
1回500円(ワンドリンク付き、時間制限なし)
工作スペース利用
1回1000円(ワンドリンク付き、時間制限なし)
レーザー加工機
500円/20分
3Dプリンタ
200円/20分(材料10円/g)
貸切利用
3時間2500円~

 

機材

レーザーカッター:「UNIVERSAL VLS3.50」 レーザーカッター:「UNIVERSAL VLS3.50」
3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」 3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」
糸鋸盤:「旭工機 GR-400」 糸鋸盤:「旭工機 GR-400」

 

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る