新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

Chika-ba(東京 谷保)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は東京都国立市谷保の「Chika-ba」(ちかば)。JR南武線の谷保駅近くにある、工房スペースだ。

オープンは2014年7月13日。代表の西川義信さんは、医療系エンジニアとして働く傍ら、東京多摩地域を拠点に、街の散策や農業、子育て、食、ものづくりなどを学ぶコミュニティー「東京にしがわ大学」の学長としても活動している。その活動を通して「もっとものづくりを通してコミュニティーが形成される場所を作ろう」と思い、Chika-baを設立した。

Chika-ba代表の西川義信さん。東京にしがわ大学の学長でもある。 Chika-ba代表の西川義信さん。東京にしがわ大学の学長でもある。

Chika-baは「工房長」システムを採用している。月5000円でChika-baの工房長になれば、空いている日は自由に利用できる。例えば、自分の好きな作業をするだけでなく、ワークショップやセミナーを開くことも可能だ。もちろん、自分の作業をするだけではなくChika-baの工房長として、見学者などがいれば対応したりするという。

Chika-baは、キッチンスペースと工房スペースに分かれており、キッチンのほうでは地域の主婦たちが、国立近辺で採れた野菜を使ってピクルスを作り、商品として販売店に卸すなど、働くスペースとしても機能している。 

取材当日は、梅酒作りの講習会が行われていた。近所の主婦が集まりとてもにぎやかだった。 取材当日は、梅酒作りの講習会が行われていた。近所の主婦が集まりとてもにぎやかだった。

現在、工房の機材としてはレーザーカッター1台のみと、ファブ施設として機材が充実しているとはいえない。

「オープンのときに、要望があれば機材を増やしていこうと思っていました。しかし意外と要望がなく、そのままきちゃった感じで(笑)。その割にはいろいろな人が集まってきてくれて、新しいビジネスのくすぶりが生まれたりしています」(西川さん)

Chika-baは線路沿いのビルの地下にあるが、看板などはなく、知る人ぞ知るスペースといった感じだ。もともとは床屋だったスペースを借り、内装などは「壁塗りワークショップ」と題して、40人ほどの参加者と珪藻土を塗ったそうだ。 

ビルの地下1階がChika-ba。大きな看板などがないため、見つけづらい。 ビルの地下1階がChika-ba。大きな看板などがないため、見つけづらい。

工房では、定期的なワークショップも行われている。月2回、小学生向けのレゴマインドストームを使ったプログラミング教室を開催しているほか、月1回開催している「町の商品開発室」では、テーマを掲げて参加者でアイデアを出し合い、商品の開発プロジェクトを立ち上げている。

レゴマインドストームは3台ある。これを使って小学生向けのプログラミング教室を行っている。 レゴマインドストームは3台ある。これを使って小学生向けのプログラミング教室を行っている。

1時間1500円でスペースのレンタルもおこなっていて、それを利用した、アイシングクッキー、フラワーアレンジメントなどの講習会も行われているという。

西川さんは「公園のように、町にいくつものものづくりスペースがあるのが理想」と言う。

現在ファブ機材はレーザーカッターだけだが、今後はロックミシンやシルクスクリーンプリンタなどを導入していく予定とのこと。

「最初はほんと何もなくて、もっとガラガラだったんです。関わる人が作ってくれる場所にしてほしいと思っています。使う人たちがこの場を作っていくし、この場で何かを作ってほしいと思います」(西川さん) 

いわゆる、ものづくりのために機材を借りるファブ施設とは違うが、もっと大きなものづくりを行う場がChika-ba。今後このような場所が増えてきて、地域の活性化につながるようになれば、ものづくりがもっと身近に感じられるようになるだろう。

「開業して1年が経ち、この場所で地域との繋がりが増え、多彩な人たちが入れ替わりながらも出会い、関わり、いくつかモノ・コトの種が生まれてきました。これらの種がこの地下から芽をだし、咲き広がる1年になるようにと思います。そして彼らがまた新たな種を蒔き、出会い、生まれていくと楽しいだろうなと夢見ています」(西川さん)

概要

所在地

東京都国立市富士見台1-17-25
VIPビルB1

営業時間 不定期 定休日不定
Webサイト

http://chika-ba.com/
https://www.facebook.com/yaho.chikaba

料金

工房長
5000円/月
工房レンタル
1500円/1時間
※工房長以外の会員が工作機器を利用する場合は500円/30分追加
キッチンレンタル
1500円/1時間
工房とキッチンレンタル
2500円/1時間

 

機材

レーザーカッター:「Oh-Laser HAJIME」 レーザーカッター:「Oh-Laser HAJIME」

はんだごてやテスターなど、ハンドツールも用意している。
また、取材後にシルクスクリーン印刷用の機材も導入している。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る