新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

SHIP(東京 大崎)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は東京都品川区にある「品川産業支援交流施設SHIP」だ。JR大崎駅から徒歩5分のオフィスビル「大崎ブライトコア」の3階と4階にある。

2015年6月1日、SHIPはオープンした。大崎ブライトコアは、大崎地域をものづくりを中心とした街にする構想のもと、fab機能を併設した総合オフィスビル。SHIPの名は“Shinagawa Industrial Platform”に由来し、運営は一般財団法人品川ビジネスクラブが行っている。

「大崎は、昔から製造業が多い地域です。しかし徐々に工場や製造部門などが郊外や海外へ移転していくという状況が続きました。そこでもう一度、今の時代に即したものづくりが生まれる街にしたいという品川区の願いがあり、この場所にオープンすることになりました」(品川ビジネスクラブ チーフコーディネーター 中村裕二さん)

SHIPには2つの顔がある。コワーキングスペースと、シェアオフィスだ。コワーキングスペースは、会員が使用できるフリーアドレスのスペースとなっている。会議室や多目的室も用意されており、別途借り受けてセミナーなどを行うことも可能だ。 

オープンラウンジは広々としている。登録した会員ならば利用可能(有料)。 オープンラウンジは広々としている。登録した会員ならば利用可能(有料)。
ラウンジの窓際の席は眺めがよく、ちょっとした打ち合わせなどにぴったり。 ラウンジの窓際の席は眺めがよく、ちょっとした打ち合わせなどにぴったり。
多目的ホールは扉を閉めて大部屋にし、セミナーなどを開催することもあるという。 多目的ホールは扉を閉めて大部屋にし、セミナーなどを開催することもあるという。

もうひとつの顔であるシェアオフィスは、全16室。主にハードウェア開発系やものづくり系、それらをサポートするソフトウェア開発系の企業が入居している。ベンチャー企業だけではなく、外資系や地方企業も入居しているという。

シェアオフィスの様子。1年ごとの更新で最長5年まで入居が可能。24時間利用できて、工房内にある3Dプリンタをオフィスに移動して使ってもよいというアドバンテージがある。 シェアオフィスの様子。1年ごとの更新で最長5年まで入居が可能。24時間利用できて、工房内にある3Dプリンタをオフィスに移動して使ってもよいというアドバンテージがある。

「ベンチャーだけでなく、東京進出の足がかりとして利用する地方企業が入居しているというケースもあります」(品川ビジネスクラブ 事業コーディネーター 分部真由美さん)

工房には、さまざまなファブ機材が設置されている。他のファブ施設ではあまり見かけない、光造形方式3Dプリンタや測定顕微鏡、卓上走査型電子顕微鏡、ラボカッター(研究資料作成など使う切断機)、自動研磨機などが利用できる。

工房の機材は、基本的に機器1台あたり1時間540円で利用可能。材料費は別途必要だが、それでもかなり安い。必要であればオペレーターを付けることも可能で、1回1000円となっている。個人会員に加え法人会員の利用が多いという。

「最近は主婦の方の利用も増えていますね。自分でものづくりがしたいので、3Dプリンタを使ってみたいという方は結構います」(分部さん) 

会員にはNFC搭載のカードを発行する。そのカードを使った入出場の管理システムはシェアオフィスに入居する企業が作られたとのこと。 会員にはNFC搭載のカードを発行する。そのカードを使った入出場の管理システムはシェアオフィスに入居する企業が作られたとのこと。

今後は、このSHIPを使う人と地元の企業などをつなぐための機会を作っていきたいという。

「我々の役目は、会員と近隣の企業さんなどがコラボできるようなイベント等を企画し、SHIPという船に多くの方に乗っていただくこと。今後は、ミートアップのような機会をどんどん作っていくことが仕事だと思っています。特に、ハードウェアベンチャー企業がこのSHIPから巣立っていけるような、そういう環境を作っていきたいなと思っています」(中村さん)

京浜工業地帯発祥の地と言われている大崎の、新しいものづくりの拠点。それがSHIPだ。興味のある方は、一度乗船してみてはいかがだろうか? 

概要

所在地

東京都品川区品川5-5-15
大崎ブライトコア3、4階

営業時間

9:00~2200
(シェアオフィス入居者は24時間利用可能)

ウェブサイト

http://www.ship-osaki.jp/

料金

【オープンラウンジ】

法人会員A 2万7000円/月
(同時利用可能人数3人 登記、住所利用可)
法人会員B 2万1600円/月
(同時利用可能人数2人 登記、住所利用可)
個人会員A 1万6200円/月
(登記、住所利用可)
個人会員B 1万800円/月
個人モーニング・ナイト・ホリデイ会員 8640円/月
(平日7:00~9:00、平日18:00~22:00、土日祝日は終日利用可能)
個人平日デイタイム会員 8640円/月(平日9:00~18:00利用可能)
ワンタイム会員 540円/時間

【工房】

540円/時間(機器1台あたりの利用料金)
※3Dプリンタ(光造形)、測定顕微鏡および卓上走査電子顕微鏡は、特別機器利用料として機器1台につき324円/時間追加
※機器利用の材料費は別途
※1回1000円でオペレーターを付けることができる

※料金はすべて税込価格

 

機材

3Dプリンタ:「KEYENCE AGILISTA-3100」 3Dプリンタ:「KEYENCE AGILISTA-3100」
3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」 3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」
3Dプリンタ:「MUTOH Value 3D Magix MF-2000」 3Dプリンタ:「MUTOH Value 3D Magix MF-2000」
切削RPマシン:「Roland DG MODELA MDX-40A」 切削RPマシン:「Roland DG MODELA MDX-40A」
レーザーカッター:「GCG LaserPro Venus II」 レーザーカッター:「GCG LaserPro Venus II」
測定顕微鏡:「Nikon MM-400/T」 測定顕微鏡:「Nikon MM-400/T」
卓上走査型電子顕微鏡:「HITACHI Mini Scope TM3030Plus」 卓上走査型電子顕微鏡:「HITACHI Mini Scope TM3030Plus」
金属用ラボカッター:「MARUTO MC-122」 金属用ラボカッター:「MARUTO MC-122」
卓上自動研磨機:「MARUTO Ace ML-160A」 卓上自動研磨機:「MARUTO Ace ML-160A」
3Dスキャナ:「3D Systems NextEngine HD Pro」 3Dスキャナ:「3D Systems NextEngine HD Pro」
3Dスキャナ:「MakerBot Digitizer」 3Dスキャナ:「MakerBot Digitizer」

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る