新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

FabLab Hamamatsu/ファブラボ浜松 TAKE-SPACE(静岡県浜松市)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は静岡県浜松市にある「ファブラボ浜松」。
メーカーの拠点が多く、ものづくりに携わる人も多い浜松には自宅に工房を持つ人や、お金を出し合って工房を借りる人が少なくないという。ファブラボ浜松も、そんな浜松の文化の中で誕生した本格的な工房だ。

ファブラボ浜松の入り口。納屋を改装した建物の入り口には、ファブラボのロゴが入ったサーフボードが立て掛けられている。 ファブラボ浜松の入り口。納屋を改装した建物の入り口には、ファブラボのロゴが入ったサーフボードが立て掛けられている。

JR浜松駅から西に10kmほど離れた住宅地の中にファブラボ浜松がある。
オーナーの竹村さんの親族が使っていた納屋を改装し、TAKE-SPACEという名前でオープンさせたのが2012年12月。その後、ファブラボジャパンのネットワークに加入し、ファブラボ浜松として2014年7月に再スタートした。

「TechShop(アメリカにある会員制工房)を浜松に作ったら、いろんな人と開発できるんじゃないかと思い、2カ月ほどアメリカに滞在して、TechShopやハッカースペースを見て回った後にTAKE-SPACEを立ち上げました」

ファブラボ浜松のオーナー、竹村真人さん。自身もメーカーに勤めるエンジニアだったが、一念発起して退職し渡米した。 ファブラボ浜松のオーナー、竹村真人さん。自身もメーカーに勤めるエンジニアだったが、一念発起して退職し渡米した。

その後、ファブラボ浜松としてリスタートしたきっかけは、2013年に横浜で開催された世界ファブラボ会議だった。

「海外のファブラボ運営者と話していて、運営する事に社会的意義を感じているという言葉に感銘を受けました。そこで、自分のスペースもファブラボにするべきだと思い、ファブラボのネットワークに参加しました」

室内には3Dプリンタやレーザーカッターだけでなく、鉄工や木工機械も充実していて、遠心分離機や大型の木材用CNCなども用意されている。 

木工スペース(上)と金属加工スペース(下)。初回講習を受ければ、誰でも利用できる。 木工スペース(上)と金属加工スペース(下)。初回講習を受ければ、誰でも利用できる。

「海外のファブ施設に行くと機材が充実していて、こういう環境があることがものづくりの楽しみに繋がると感じました。自分自身が使いたいという事もありますが、少しずつ増やしていって今に至ります。溶接機があるという噂を聞いたそうで、二軒隣のおじさんから『農機具が壊れたんだけど、これ溶接できる?』って相談を受けたこともありました(笑)。作りたいものがあるのに、知識や機材が無くてあきらめている人に是非使ってもらいたいです。自分自身も過去にそういう経験をしているので、機材が無い事を言い訳にしないものづくりをしてもらえたらいいなと思います」

会員になれば、いつでも利用できるよう合鍵を持つことができるが、木曜日の16時から22時はオープンデーとして、非会員でも利用できる。県外から来る人も少なくない。

「出張ファブラボとして、地元の小学校や地域のイベントでワークショップをすることもあります。学校の先生も3Dプリンタを見るのは初めてという人もいて、生徒だけなく先生にも楽しんでもらっています」

今後は機器の充実と並行して、スペースも広げていきたいという。 

ワークショップにも使用される打合せスペースにはMakers系書籍だけでなく、さまざまな技術書も用意されている。 ワークショップにも使用される打合せスペースにはMakers系書籍だけでなく、さまざまな技術書も用意されている。

「もっと広くして会員専用の作業スペースを充実させ、中長期的なプロジェクトにも使えるようにしていきたいですね。浜松はメーカー企業の拠点が多い事もあって、ものづくりが好きな人が多い街なんです。自宅の中に自分専用の工作スペースを持ってる人や、空きスペースを何人かでお金を出し合って車やバイクのガレージとして運営する人もいて、ファブラボはそういった土地柄になじみやすい要素があると思います。その一方で、県外のファブ施設との繋がりがあったり、海外のファブラボからもプロジェクトのお誘いが結構来ていますので、世界中に接点を広げながら浜松から発信していきたいと思います」

ファブラボが生まれるきっかけとなったMITの講義「(ほぼ)なんでも作る方法」の6年間分を19週に圧縮し、世界中のファブラボをオンラインでつないで学ぶFabAcademyも、2015年からファブラボ浜松で受講可能になった。浜松から世界に発信しようとするファブラボ浜松に興味を持った人はメールで施設見学を申し込んでみよう。 

ミシンと織り機も用意されている。 ミシンと織り機も用意されている。

概要

所在地 静岡県浜松市西区西鴨江町3645
営業時間

会員
平日   18:00~22:00
土日祝日 13:00~20:00
非会員
毎週木曜 18:00~22:00

Webサイト http://www.take-space.com/
料金

会員
6カ月  1万8000円
非会員
1日につき1500円

備考

毎月第2月曜19:30から会員/非会員間の交流を目的としたオープンミーティングを開催

 

機材

3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」 3Dプリンタ:「MakerBot Replicator 2X」
3Dプリンタ:「ボンサイラボ BS-01」 3Dプリンタ:「ボンサイラボ BS-01」
ミリングマシン:「Roland DG MODELA MDX-20」 ミリングマシン:「Roland DG MODELA MDX-20」
ミリングマシン:「ORIGINAL MIND mini-CNC BLACKII 1520」 ミリングマシン:「ORIGINAL MIND mini-CNC BLACKII 1520」
CNCルーター:「cnc router ZN1325」 CNCルーター:「cnc router ZN1325」

※この他にも旋盤や卓上フライス盤、ボール盤、バンドソーなどのアナログ工作機械が用意されている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  7. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る