新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

KLC Craft Lab(東京都台東区)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は東京都台東区にある「KLC Craft Lab」。
運営する神戸レザークロスは、兵庫県神戸市に本社を構える靴やバッグ、アクセサリーなどの開発/製造から販売までを行う創業69年になる会社。KLC Craft Labのある元浅草地区は、靴の製造メーカーや革屋などが多く存在する街だ。

KLC Craft Labは、2013年9月にオープン。同社の新商品開発を行うラボ的な機能と、ショールーム機能、そしてFabスペース的な機能を併せもった施設だ。現在の主な利用者は、靴や服飾学校の生徒、靴や帽子、アクセサリーなどを制作している個人メーカーの人などが多いそうだ。

「私たちは商品開発から小売までを一貫体制で行っています。そのため、自分たちだけですべてがまかなえてしまう。しかし、それだけでは新しいものを生み出せない。そこで、さまざまなジャンルの方たちにここの機材を使ってもらい、お互い刺激しあって新しいものが生まれたらということで、この施設を運営しています」(常務取締役 大山克己さん) 

「I・R・O・n・n・a」は写真を高画質でプリントした斬新なシューズブランド。 「I・R・O・n・n・a」は写真を高画質でプリントした斬新なシューズブランド。

1階はショールーム兼作業スペースとなっている。レーザーカッターや3Dプリンタ、UVプリンタが設置されており、時間制で利用することが可能だ。土地柄、個人でものづくりを行っている人が多いことから、一点ものの製品にロゴを入れたり、小ロットの商品の試作などに利用されているようだ。

「下駄職人の方が、下駄の木材に彫刻柄をレーザーカッターで刻印したり、帽子職人の方がオーダーメイドの帽子のためにタグを作りにきたりします。プロの方も多く利用しています」(新商品開発営業本部 熊本綾さん)

また、同社では3Dプリンタを使った靴の製造も始めている。自社ブランドの靴のヒールなどは、3Dモデリングソフトでデータを作成し、3Dプリンタで出力してチェック。完成データを用いて金型製作を行う。 

3Dソフトと3Dプリンタを利用して作られているヒール。独創的なデザインのヒールを作ることができる。 3Dソフトと3Dプリンタを利用して作られているヒール。独創的なデザインのヒールを作ることができる。

「靴のヒールは、通常は木でモックアップを作り、それを金型屋さんに渡して起こしてもらいます。しかし、人が手で削ったモックアップでは、完全には左右対称になりません。3Dソフトでデータを作成すれば完全に左右対称にすることができるので、そのまま金型に起こすことができます」(熊本さん)

パソコン上で素材や柄、配色といったデザインパターンのシミュレーションを行えるシステムも導入している。 パソコン上で素材や柄、配色といったデザインパターンのシミュレーションを行えるシステムも導入している。

じつは、日本の靴メーカーで3Dソフトや3Dプリンタを導入しているところはほとんどないそうだ。しかし、これからはデジタル化の時代が来ると判断。いち早く3Dソフトや3Dプリンタを使った靴作りのあり方を模索している。

「靴作りの業界もデジタル化の方向に向かっています。10年後くらいには、足をスキャンしてそのまま靴をオーダーできるようなシステムを作り上げ、安価で手軽に靴のカスタムオーダーができるようにしたいと思っています」(大山さん)

一昨年ほど前からは、アニメとのコラボによる靴の製造が増えているとのこと。3Dソフトや3Dプリンタを使用することで、小ロットの靴の製造にも対応できるため引き合いが多いそうだ。 

KLC Craft Labのスタッフの皆さん KLC Craft Labのスタッフの皆さん

機材は、電話予約をすれば誰でも利用することが可能。現在は靴を始めとしたファッション業界の人の利用がメインとなっているが、もっとさまざまな人に活用してもらいたいと思っている。

「現在は、メーカーさんや個人でものづくりをしている方の利用がほとんど。学生さんや一般の方にもこの場所を知ってもらい、気軽に出入りしてもらいたいと思っています」(大山さん) 

3階はシェアオフィスとなっている。 3階はシェアオフィスとなっている。

KLC Craft Labは、同社のオリジナルブランドの靴などのショールームにもなっている。機材の利用はもちろん、同社の商品を見てみたいという方も、ぶらりと立ち寄ってみてはいかがだろうか。

概要

所在地

東京都台東区東浅草1-8-8

営業時間

平日9:00~18:00(土・日・祝は休み)

Webサイト

http://www.kobe-leather.co.jp/klc-craft-lab/

料金

レーザーカッター
機材利用概要説明(初回必須) 1500円/30分
利用料金 2000円/時間

UVプリンタ
機材利用概要説明(初回必須) 1500円/30分
利用料金 4000円/時間

3Dプリンタ
モデル樹脂代 110円/グラム
造形料金 460円/時間

 

機材

3Dプリンタ:「envisionTEC ULTRA」 3Dプリンタ:「envisionTEC ULTRA」
UVプリンタ:「Roland VersaUV LEF-20」 UVプリンタ:「Roland VersaUV LEF-20」
レーザーカッター:「Epilog Helix 24」 レーザーカッター:「Epilog Helix 24」

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る