新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

ファブスペースみたか(東京都三鷹市)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」。今回は東京都三鷹市にある「ファブスペースみたか」。JR三鷹駅から徒歩7分ほどの「三鷹産業プラザ」の1階にある。

運営しているまちづくり三鷹は、三鷹市が98%出資している第三セクター。地域産業や商業の活性化などを目的とし、起業支援などを担っている。

元々は同じビルの3階にあるコワーキングスペース「ミタカフェ」を運営。その一角に、ものを作る人たちのコミュニティが生まれたらという想いから、レーザーカッターを導入したのがスタート。

その後、ワークショップ形式の検討会を重ね、2016年6月にビルの1階のスペースにものづくりスペースを移動してリニューアル。先日1周年を迎えたばかりだ。

整然としたスペースに各種機材が並ぶ。開放的で使いやすいスペースだ 整然としたスペースに各種機材が並ぶ。開放的で使いやすいスペースだ

リニューアル後から会員は右肩上がりに増え、現在(2017年9月末時点)は180人ほど。入会に際しては必ず面接があるという。

「会員の方とは、顔の見えるお付き合いをさせていただきたいと思っており、ヒアリングをさせていただき、どんな風に使いたいのか、どんな用途で使いたいのかをお伺いしています」(マネージャー 吉田巳里子さん)

現在は、現役をリタイアした人や、ものづくりに興味のある主婦、そして個人事業主などの利用が多いということ。なかには、学生起業家が事業で作る機械の部品を試作しに来ることもあるそうだ。

ファブスペースみたかでは、月に1回無料デモ体験会を実施。また、ワークショップも開催しているため、初心者でも気軽に訪れることができる。会員になれば、有料で機器を使用することが可能。基本的には自分で各種機器を操作する必要があるが、予約をすれば技術サポーターが講習をしてくれるので安心だ。

個人の起業支援などを行っている同社だが、このスペースではコミュニティの育成にも力を入れていきたいという。3Dプリンタは3台、電子ミシンが4台あるのも、コミュニティ育成を視野に入れているからだ。

「ひとつのものをみんなで作りたいという想いがあるんです。みんながアイデアを持ち寄って、それぞれが3Dプリンタなどでパーツを作って、何か大きなものを作ることができたらいいですよね。そのために、3Dプリンタを3台置いています」(吉田さん)

デジタルミシンが4台あるのも、みんなで集まって何かを作れたらいいなという想いからのようだ。

一度、会員同士の交流会を開いたことがあるという。会員が自分で作ったものを持ち寄って、プレゼンテーションをしたところ、参加者の熱意に圧倒されたそうだ。

現在は、非会員向けの無料デモ体験会と、講師を招いてのワークショップを月に1、2回程度開催しているが、これからは会員同士がもっとコミュニケーションを図れる企画も増やしていく予定だ。

ハンドツールも用意されている。こちらは無料で利用できる ハンドツールも用意されている。こちらは無料で利用できる

ファブスペースみたかには、ハンドツールも用意されている。しかし、施設としてはデジタルツールにこだわっていきたいという。これは、三鷹市の「女性の起業支援」という方向性とリンクしている。

「手作りの作品のよさはもちろんあります。しかし、デジタルツールはデータを保存できるため、再現性が高いというメリットがあります。手作りの作品をデジタル化することで、作品自体のクオリティが高まり、商品化につなげたり起業までも目指していきたいと思っています」(吉田さん)

三鷹駅からも近く、機材も充実。開放感のあるきれいなスペースは、女性のものづくりには最適だ。無料デモ体験会やワークショップにも、女性の姿が多いという。

そのほか、シニア層も増えている。会社をリタイアした、技術を持つシニア層がものづくりを通じて自己表現を行うというのも、素晴らしいことだ。

スペース内にあるレンタルボックス。オリジナルの小物類などが販売されていた スペース内にあるレンタルボックス。オリジナルの小物類などが販売されていた

最後に、ファブスペースみたかの展望を伺った。

「起業支援や働き方改革などキーワードはいろいろありますが、シンプルに言えばここがものづくりの人が集ってアイデアを形にするようなスペースになればいいなと思っています」(吉田さん)

10月7日(土)には、リニューアル1周年記念としてファブラボ鎌倉の設立者である慶応大学の田中浩也教授を招いて講演会を実施した。

また、ものづくりをする人ならば誰でも参加できる「第2回みたかFabコンテスト」の作品募集も行っている。前回は63件の応募があったが、今回はそれを上回る応募が予想される。作品募集は11月30日(木)まで行われているので、我こそはという方は応募してみてはいかがだろうか。

概要

所在地 東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1F
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜、火曜、年末年始
URL https://fabmitaka.co/
料金

料金
入会金:1080円(現在入会無料キャンペーン中)
施設利用料:1080円/日

機器利用料
レーザーカッター:2160円/45分
UVプリンタ:3780円(A4/1出力)、2700円(A5/1出力)、1620円(A6/1出力)
3Dプリンタ(フィラメント):540円/30分
3Dプリンタ(UV硬化樹脂):要問い合わせ
モデリングマシン:要問い合わせ
ペーパーカッター:540円/3時間
電子ミシン:540円/3時間
3Dペン(フィラメント):540円/30分
3Dペン(UV硬化樹脂):540円/30分
レンタルPC:200円/1時間
プロジェクター:200円/1時間
レンタルボックス:2160円/月

 

機材

電子ミシン:「brother/Family Marker FM1100」 電子ミシン:「brother/Family Marker FM1100」
卓上ボール盤:「RYOBI TB-1131K」 卓上ボール盤:「RYOBI TB-1131K」
3Dプリンタ:Beijing Tiertime Technology「UP BOX」 3Dプリンタ:Beijing Tiertime Technology「UP BOX」
3Dプリンター: NIPPO「遊作くん」(左)、ROLAND「monoFab ARM-10」(右) 3Dプリンター: NIPPO「遊作くん」(左)、ROLAND「monoFab ARM-10」(右)
モデリングマシン:ROLAND「MDX-540」 モデリングマシン:ROLAND「MDX-540」
レーザーカッター:「UNIVERSAL VLS2.30」 レーザーカッター:「UNIVERSAL VLS2.30」
UVプリンター:ROLAND「VersaUV LEF-12」 UVプリンター:ROLAND「VersaUV LEF-12」
カッティングマシン:「silhouette CAMEO」 カッティングマシン:「silhouette CAMEO」

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  3. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  4. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  5. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  8. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  9. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  10. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る