新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ものづくりラボの記事一覧

いろんな匠に会いにいく

LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた

LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた

現役モデルにしてコテコテのMaker梨衣名さんが、さまざまなものづくりにチャレンジするシリーズ、今回のテーマは白熱電球だ。

こころなしか昭和のアイドルテイストなポーズで片手にキメてる丸いもの……これこそが白熱電球である。

かのエジソンによって世に出され、ほんの少し前まで蛍光灯とともに、人びとのくらしを照らす光源として重宝されていた黄色い光の電球、「エジソ…

ものづくりラボ | 2018/02/16 09:00

頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

これで山を登らずに済む!「都会用やまびこマシーン」を作ってみた

これで山を登らずに済む!「都会用やまびこマシーン」を作ってみた

ヤッホー! って叫びたくなるときありませんか? 私は、仕事が上手くいかなかったり飲み会での失敗を思い出して「ウワーッ」となったりしたとき、山に登ってヤッホーと叫びたい気持ちになります。でも、山に登るのは疲れるし、ここはコンクリートジャングル東京都荒川区。山なんてないぜ。

ものづくりラボ | 2017/12/28 09:00

3Dプリンターで作ったお面でiPhone Xの顔認証を突破したい

3Dプリンターで作ったお面でiPhone Xの顔認証を突破したい

9月12日のこと……新しいiPhoneには顔認証機能が採用される。そんな情報をAppleの発表を見て知った私は0.1秒もたたないうちにこう思った。

「じゃあ最新の3Dスキャン技術と最新のフルカラー3Dプリントで認証って突破できるのでは?」

そもそもこの「iPhone X」の顔認証は本体前側の上部にある赤外線カメラ、投光イルミネータ、ドットプロジェクタから…

ものづくりラボ | 2017/12/20 10:00

1カ月1000円工作

単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!

単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!

一人1000円以内でものづくりをする「1カ月1000円工作」。いよいよ第2シーズンもラストとなりました。

今回のお題は「ドイツで役立つグッズ」です。

なんでこんなお題になったのか? それは、サラリーマン工作員2号のムカイさんが、ドイツへ単身赴任することになったからです。

ものづくりラボ | 2017/12/13 09:00

頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

ウワサ・エゴサいらず! ウワサされたらクシャミが出るデバイスを作った

ウワサ・エゴサいらず! ウワサされたらクシャミが出るデバイスを作った

「クシャミをすると誰かにウワサされている」なぜかずっと昔から信じられているこの迷信。子供のときはすっかり信じていて、クシャミをするたびに「悪口言われている……。絶対にサッカークラブの小林だ……」とビクビクしていました。大人になってからは、そんな迷信の存在は薄れていってしまいました。

しかし、ウワサをクシャミでお知らせされるということが実現できれば、めちゃくちゃ便利じゃないでし…

ものづくりラボ | 2017/11/30 09:00

素材の話を聞きに行こう

その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た

その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た

ものづくりの「素材」にフォーカスする本企画、第2回のテーマは「アクリル」です。アクリルといえば、板や柱状のものなどホームセンターや雑貨屋でも気軽に購入することができるメジャーな素材。手ごろな価格で加工もしやすく、一度は使ったことのある人も多いのではないでしょうか。

透明・不透明の差はあれど、一般的には単色のイメージが強いアクリルですが、そんな固定観念を打ち破るアクリル製品を提…

ものづくりラボ | 2017/11/16 09:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る