新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:家電の記事一覧

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

2020年はあっという間に拡大したコロナ禍で、筆者が住んでいる都内も甚大な影響を受けていて未だ大変な方も多いと思っている。筆者の仕事にもかなり影響があり、定点観測をする場所がしばらくの間閉鎖されてしまって、満足な蒐集もできないでいる。ただ、そんな中でもラジカセと一緒に買い取る物の中に面白いアイテムが混ざっていることが多い。今回も少し前に買い取った中にあったパソコンをよく見たら、ちょっと珍しいものだ…

トピックス | 2020/07/14 07:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

田舎のおじさんに起こされるユニークな音声アラームクロック「SEIKO Voice Alarm Clock Doki Doki OJISAN FF711」

田舎のおじさんに起こされるユニークな音声アラームクロック「SEIKO Voice Alarm Clock Doki Doki OJISAN FF711」

1980年代前半は筆者にとって社会人としてスタートした時期だったので、仕事が優先で大好きなオーディオや無線とはしばらく離れていた。しかしこの時期は時代を彩るユニークなプロダクトが数多く誕生した頃でもある。仕事が忙しかった中でもソニーの「ウォークマン」は欲しくて、「ウォークマンII」を発売と同時に買った記憶がある。ただウォークマンは何回も故障して、サポートでの修理のやり取りが多かったのが一番の思い出…

トピックス | 2020/07/01 07:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

いつでもどこでも対局できるマイコン黎明期の携帯ゲーム機「NATIONAL 携帯用電子碁盤 JH-500 名局ジュニア」

いつでもどこでも対局できるマイコン黎明期の携帯ゲーム機「NATIONAL 携帯用電子碁盤 JH-500 名局ジュニア」

いつも春になったと感じるのは確定申告に行く時によく吹いている春一番なのだが、今年は新型コロナウイルスの影響で申告が4月になってしまい、春一番ではなく桜吹雪の季節になってしまった。そんな中でも蒐集活動は続いている。蒐集はどちらかというと人のいない場所が多く、あまり人と接触する機会は少ないが、注意はしている。今回ゲットしたのは家電の中でも異色の製品、ナショナルブランド(メーカーは松下通信工業)で発売さ…

トピックス | 2020/06/22 07:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

子どもの好奇心を満たした、おもちゃのような本物の家電製品「SANYO VOICE CLOCK ROBO-02(ともだちとけい)」

子どもの好奇心を満たした、おもちゃのような本物の家電製品「SANYO VOICE CLOCK ROBO-02(ともだちとけい)」

サンヨーのROBOシリーズは今までこのコーナーで幾度か紹介させていただいたことがある、筆者の好きなシリーズのひとつだ。ROBOシリーズは製品のバリエーションも多いので、入手した際には今後も紹介したいと思っている。そして筆者の収集も定期的に行なっているが、この頃はシニアの方の持ち物整理をお手伝いすることも多い。基本はいらなくなったラジカセを引き取ることが多いが、ほとんどの場合他にさまざまな家電や雑貨…

トピックス | 2020/06/15 07:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

ソニーのコンパクトイノベーションが生んだデジタル幕開け時代の申し子「SONY PORTABLE CD PLAYER D-50MkII Discman」

ソニーのコンパクトイノベーションが生んだデジタル幕開け時代の申し子「SONY PORTABLE CD PLAYER D-50MkII Discman」

今年(2020年)はついに本格的な雪が東京でも降らなかった。筆者がこの時期思い出すのは2011年の東日本大震災だ。今は終わってしまったが、当時テレビで「熱中時間~忙中“趣味”あり~」という番組があった。内容は「情熱大陸」(TBS)のNHK版で、今はやりの変わった人をリスペクトする番組の先駆けだった。その中で「ラジカセ熱中人」というタイトルで、3.11の1カ月前に1泊2日で東北に出かけ、朝から晩まで…

トピックス | 2020/05/28 07:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

1980年代のデンマークが生んだ建築物のようなステレオラジカセ「B&O Portable Radio Cassette Player Beosystem 10 TYPE 1521」

1980年代のデンマークが生んだ建築物のようなステレオラジカセ「B&O Portable Radio Cassette Player Beosystem 10 TYPE 1521」

今回入手したラジカセは、前回紹介したパナソニックの留守番電話「VE-R30」を引き取った際のメインの製品だ。バング&オルフセン(Bang&Olufsen)は僕が蒐集家になる前から憧れていた北欧、デンマークのオーディオメーカーだ。日本の製品には無い独特のデザインはスペックに関係なく魅力だった。 そんなバング&オルフセンが唯一作ったラジカセが「Beosystem 10」だ。発売当時の価格は残念ながら…

トピックス | 2020/05/12 07:30

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

海外デザイナーバブルの中、自社のデザインセンターで生み出されたデザイン家電「Panasonic Answering Machine VE-R30 Musica」

海外デザイナーバブルの中、自社のデザインセンターで生み出されたデザイン家電「Panasonic Answering Machine VE-R30 Musica」

1980年代後半に始まったバブル時代、家電のデザインはどんどん派手になり、それらのほとんどは海外の著名なデザイナーを起用した海外デザイナーバブルと化していったが、国内メーカーのインハウスデザイナーも負けじと奮闘していた。

家電業界がそんな状況の中、当時の通信業界では1987年に携帯電話事業がスタートしたばかりで、一般家庭の電話はまだまだ留守番電話が主流だった。筆者も当時パイオ…

トピックス | 2020/04/21 08:00

Dig up the underground「プロダクト一機一会」by 松崎順一

ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」

ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL  TAPE-RECORDER RQ-210」

日本の家電メーカーは、その多くが戦前に誕生して戦後に急成長していった。その中のパナソニック(創業時の社名は松下電気器具製作所)は2018年に創業100周年を迎えている。今回入手したのはそのパナソニックの国内向けブランドが「ナショナル」だった時代に、創業50周年を記念してナショナル系列の特約店などに配布された非売品の記念カセットプレーヤー「RQ-210」だ。

トピックス | 2020/03/24 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る