新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:イベントの記事一覧

今週行ってみたいイベント

自然が一番のお手本、エリアソンの実験とアート——「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」(清澄白河)

自然が一番のお手本、エリアソンの実験とアート——「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」(清澄白河)

現代アートの巨匠であるアイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソン。自然現象に着目してアートに昇華していき、見る人全てを魅了するアーティストで、世界各国で大規模な作品を発表し日本では10年ぶりとなる大規模個展「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」が2020年9月27日まで東京都現代美術館で開かれている。

トピックス | 2020/09/24 07:30

今週行ってみたいイベント

かつて子どもだった大人へクリエイティブな「おさなごころ」をもう一度——「おさなごころを、きみに」(清澄白河)

かつて子どもだった大人へクリエイティブな「おさなごころ」をもう一度——「おさなごころを、きみに」(清澄白河)

メディアテクノロジーによる作品や映像を通して、触覚、身体、音と言葉、忘却、宇宙などをテーマとした空間を巡りながら、子どもと大人が一緒に楽しめる展示会『おさなごころを、きみに』が2020年9月27日まで東京都現代美術館で開かれている。

トピックス | 2020/09/19 07:30

今週行ってみたいイベント

誕生から100年後世界の現代デザインの基礎はここにある——「開校100年 きたれ、バウハウス—造形教育の基礎—」(東京)

誕生から100年後世界の現代デザインの基礎はここにある——「開校100年 きたれ、バウハウス—造形教育の基礎—」(東京)

ドイツの古都ワイマールに誕生したが、わずか14年で閉校となったバウハウス。誕生から100年たった現在でも、製品デザインやマスプロダクトの考え方に多くの影響を与え続けているバウハウスのデザイン教育にはどんな秘密があるのか、今も残る貴重な資料からバウハウスの活動を振り返る展示『開校100年 きたれ、バウハウス—造形教育の基礎—』が2020年9月6日まで東京ステーションギャラリーで開かれている。

トピックス | 2020/09/04 17:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る