新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:パーソナル・ファブリケーションの記事一覧

3Dプリント作品で応募——最優秀賞には10万円、「ファブ3Dコンテスト2017」開催

3Dプリント作品で応募——最優秀賞には10万円、「ファブ3Dコンテスト2017」開催

慶應義塾大学ファブ地球社会コンソーシアムは、新しい広がりを持つ3Dプリンターやデジタル工作機械など新しい技術の利用・活用法と、それを担う人材を発掘するためのコンテスト「ファブ3Dコンテスト2017」を開催する。

ニュース | 2017/07/20 15:30

makerの発表の場——プロジェクトを共有できるウェブサイト「Maker Share」スタート

makerの発表の場——プロジェクトを共有できるウェブサイト「Maker Share」スタート

Makeはインテルとコラボして、全世界のmakerに向けた情報共有プラットフォーム「Maker Share」を開設した。作品やアイデア、解決すべき課題などを共有できるコミュニティサイトで、インターネット版「Maker Faire」と呼べるものだ。

ニュース | 2017/07/11 14:00

頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

スマートにフリスクが出せる「フリスク銃」を作ってみた

スマートにフリスクが出せる「フリスク銃」を作ってみた

人前でフリスクを食べようとすると「1個ちょうだい」と、言われることありますよね。器が大きい私は、もう何個でもどうぞどうぞという感じなのですが、

……フリスクの受け渡し風景って、ダサくないですか?
大の大人がチビチビ一粒を分け合っているんだよ、もっと豪快に生きろよ。という心の声が聞こえてきます。そういう病気ではないと思います。

せっかく、器のデカ…

ものづくりラボ | 2017/07/10 08:00

アジアのMakers by 高須正和

日本から出展しやすい海外のMaker Faire ——国ごとに違うMaker Faireのキャラクター

日本から出展しやすい海外のMaker Faire ——国ごとに違うMaker Faireのキャラクター

8月にはMaker Faire Tokyoが開催されるが、この夏はアジア各国でもMaker Faireが行われている。アジアにはまだ「はじめてのMaker Faire」や、小さいイベントを盛り上げていこうとする途中の荒削りなMaker Faireがあり、東京とは違った魅力がある。Makeの世界は広い。今回は日本から出展しやすいアジアのMaker Faireを紹介する。

トピックス | 2017/07/03 08:00

1カ月1000円工作

1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!

1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!

一人1000円以内でものづくりをする「1カ月1000円工作」。今月も粛々と、1000円でものづくりをしていきたいと思います。

レギュレーションはいつも通り。材料費1000円以内で、テーマに沿ったものを作っていただきます。加工にかかる費用は含みません。

ものづくりラボ | 2017/06/19 08:00

頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

モブキャラを脱するために、魔法陣デバイスを作った

モブキャラを脱するために、魔法陣デバイスを作った

私は魔法が使えると思っています。こういうのは中学生のときに一通り妄想をして、高校卒業あたりに完全に消滅する考えかと思いますが、私は23歳になった今でも、すげえ頑張れば魔法が使えると思っています。

でも、一向に魔法が使えません。物を召喚してみたいのですが、手に力を入れても魔法陣は浮き出てきません。
私は“選ばれし者”ではないのか……。この世界が能力系アニメだったら、私…

ものづくりラボ | 2017/06/13 08:00

いろんな匠に会いにいく

モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた

モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた

──インダストリアル・テイストで撮影しよう
──となると工場っぽいロケーションがいいよね
──いっそツナギなんて着ると雰囲気出るよね
──光るアイテムなんかあるとオシャレだよね
ということで撮った1枚!

……じゃなくて。

これは現役モデルにしてコテコテのリケジョ・梨衣名さんが、さまざまなものづくりにチャレンジする連…

ものづくりラボ | 2017/05/18 08:00

頭の悪いメカ by 藤原麻里菜

落ちている小銭をスマートに拾える靴を作った

落ちている小銭をスマートに拾える靴を作った

人通りが多い道を歩いていると、小銭が落ちているときが、まれにある。お金がない自分としては、拾いたいという気持ちが芽生える。が、拾ったことはない。それは、たとえ少額でも遺失物横領になるから犯罪だという正義感が2割、拾っているところを誰かに見られたらドン引きされるという羞恥心が800000割だ。

では、誰にも見られずに小銭を拾えるマシンがあったらどうだろうか。しかも、スタイリッシ…

ものづくりラボ | 2017/05/08 08:00

パーティー電子工作!

パリピにモテる激アゲ↑スマホINデコハンディカラオケ

パリピにモテる激アゲ↑スマホINデコハンディカラオケ

今のギャルは電子工作する時代。
ギャルと電子工作という組み合わせ、強烈なミスマッチに感じる方も少なくないかもしれない。
でも、ギャルは本来めっちゃ新しい物好き。光るものも大好きだし、超フレッシュなテクノロジーをDIYする電子工作には超相性がいい。
超アガる電子工作ガジェットを自分で作れたら、ギャルやパリピにモテる未来しかない。まさにモテ界のブルーオーシャン。

ものづくりラボ | 2017/05/03 10:00

イベントレポート

すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」

すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」

日進月歩のテクノロジーから振り落とされた人々による、何の価値も持たないバカ工作を発表するイベント「頭の悪いメカ発表会」。
2016年夏に開催した第1回が好評を博し、およそ半年の時を経て2017年3月25日に第2回が開催されることとなった。舞台となるイベントスペース「東京カルチャーカルチャー」の移転に合わせ、今回は東京のど真ん中・渋谷で開催。頭の空っぽさを反映したような、すがすがしいまでの…

トピックス | 2017/04/14 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  3. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  6. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  7. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る