新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:通信の記事一覧

IoTデバイスの異常をリアルタイム検知できる——アクロクエスト、時系列異常検知サービス「Torrentio Flow」提供開始

IoTデバイスの異常をリアルタイム検知できる——アクロクエスト、時系列異常検知サービス「Torrentio Flow」提供開始

アクロクエストテクノロジーは、IoTプラットフォーム「SORACOM」と連携してIoTデバイスの動作不良や不正通信などの異常をリアルタイムで検知するクラウドサービス「Torrentio Flow(トレンティオ・フロー)」を発表した。まずはプライベートベータ版として提供開始する。

ニュース | 2017/07/06 16:30

位置情報×IoTの最前線

3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

位置情報を活用したIoTの提供事例をテーマとした「位置情報×IoTの最前線」。第2回は、3G/LTEやLoRaWANを使って位置情報データを取得できる「GPSトラッカー」を取り扱うジーアイサプライを紹介する。同社が開発・輸入・販売するGPSトラッカーや、それを使ったシステムについて聞くとともに、IoTでの長距離通信向け通信技術として注目されるLoRaWANの現状についても詳しく聞いた。

インタビュー | 2017/05/24 08:00

アジアのMakers by 高須正和

シンガポールでは10日間2万円で電波認証(いわゆる技適)が取れた

シンガポールでは10日間2万円で電波認証(いわゆる技適)が取れた

僕は先日、シンガポールでBluetoothの認証を取得した。かかったのは250シンガポールドル(2万円弱)、ゼロから調べ始めて、実際に許可を取るまでの期間は週末込みで10日間だった。次からは一瞬で、ゼロ円で新しい機器の認証が取得できる。このシステムはとても良くできていると思うのでレポートする。

トピックス | 2017/04/12 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  3. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  6. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  7. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る