新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本最大級のハードウェアコンテスト「GUGEN2015」開催決定、作品募集開始

世の中の課題を解決する実用性や商品性の高いアイデア「未来のふつう」を表彰する日本最大級のハードウェアコンテスト「GUGEN2015」(主催:ピーバンドットコム)の開催が決定し、作品の募集を開始した。

GUGEN2015は、世の中の課題を解決できる実用的なハードウェアを送り出すことを目指しており、GUGEN2015で3回目の開催となる。「GUGEN2013」では筋電義手「Handiii(当時の名称はHandie)」「GUGEN2014」では乳児の気持ちが分かる「おしゃぶりセンサ」がそれぞれ大賞に輝いた。

GUGEN2015でも、新たな事業や産業を生み出していくためのものづくりをテーマとして、実用性/商品性の高いハードウェアを募集する。12月19日(土)の最終審査日に秋葉原コンベンションホールで行われる予定の作品展示会/授賞式では、「見て、聴いて、触って、楽しむことができる体験型展示会」として、専門家審査員の評価だけでなく来場者の評価も市場評価として捉え、受賞作品を選定する。 

GUGEN2015概要

賞金/賞品:
大賞(1チーム):現金50万円、プリント基板/電子部品50万円相当
優秀賞(2チーム):現金10万円、プリント基板/電子部品10万円相当
Goodアイデア賞(1チーム):現金5万円、プリント基板/電子部品5万円相当
応募条件:未発表のオリジナル作品(クラウドファンディング中の作品は応募可)、使う人や見る人に「楽しさ」や「便利さ」などのメリットを提供できる作品であること。ジャンルは自由。個人/グループ/法人などは不問。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る